熱中症予防にも効果的!離乳食時期から食べたいスイカ

2017/08/24 21:00
9
スイカは体を冷やす効果があり、熱中症予防にもなります。そして消化時間が早いことをご存知でしたか?胃腸への負担が軽いので、離乳食にも適した食材だと思います。また、外側より真ん中の方が甘いので、子どもには中心に近い部分を与えていますよ。与え方はペーストにしたり細かく刻んだりと、月齢に合わせた調理を楽しみました。

 

夏の楽しみのひとつといえば、スイカ。わが家では両親がスイカを栽培していることもあって、当たり前のように夏にスイカを食べます。ほとんど水分というイメージのスイカですが、実は知られざる栄養効果があるのをご存知ですか?今回は、夏こそ食べたいスイカの魅力に迫りたいと思います。

 

熱中症対策にもなる

筆者の両親は兼業農家を営んでいます。農作業の手伝いをしていると、3時のおやつに決まって出てきたのがスイカです。

祖母が冷え冷えのスイカを田んぼに持ってきて、その場でザックリ切るのが定番でした。真っ赤な実から滴り落ちる果汁を見るたびに、テンションが上がったことを今でも覚えています。スイカは見てのとおり水分がたっぷり。体を冷やす効果があり、熱中症予防にもなるといわれています。

 

スイカは離乳食にもピッタリ!

スイカは、消化時間が早いことをご存知でしたか?それだけ胃腸への負担が軽いので、離乳食にも適した食材だと思います。わが家では生後5カ月ごろからスイカを与えていました。種を取り除いて、すりおろしたり汁をしぼって調理します。

 

生で与えるのが心配だったので、レンジで10~20秒ほどひと煮立ちさせて与えました。スイカに粉ミルクと水を混ぜ合わせて、スイカミルクを作るのもいいですね。

 

 


こんなふうにスイカをあげても!

スイカは外側より真ん中のほうが甘いので、わが家では中心に近い部分を子どもに与えています。ペーストにしたり細かく刻んだりと、月齢に合わせた調理を楽しみました。

 

また、しぼり汁を使ってゼリーにしたり、ヨーグルトに混ぜることもあります。そのまま食べてもおいしいですが、アレンジもおすすめです。見た目や食感が変わるので、わが子たちは大よろこびしています。

 

 

私の祖父母が口をそろえていうのが、昔のおやつは果物やおいもだったということです。自然素材そのものでできているので体にいいと言います。たまにはお菓子をお休みして、おやつに果物類を食べるのもいいなと思いました。(TEXT:ママライター田中由惟)

 

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。