「聖バルナバ病院らしい食事」を。聖バルナバ病院産院ごはん

2017/08/23 12:00
2
黒川課長は、専門の栄養士6名と、調理師さん含め、チームワークのいいスタッフ陣で、1日130食あまりの食事を提供しています。また、院内にあるレストラン「メイズ・キッチン」も人気で、ご近所の方は産後でも何年も通われているそう。今回は、聖バルナバ病院の産院ごはんの人気の秘密を伺ってきました。
カテゴリ│
更新情報
中カテゴリ:

 

ベビーカレンダーでは、全国の産婦人科の「産院ごはん」を取材し、その魅力とおいしさの秘訣をお届けしています。

 

第25回は、大阪府大阪市にある「聖バルナバ病院」の産院ごはんをご紹介します。

 

「聖バルナバ病院」の産院ごはんの魅力とは?

 

創立140年以上の歴史がある聖バルナバ病院が、2005年、現在の施設に建て替わると同時に、大幅に新しくなった聖バルナバ病院の産院ごはん。聖バルナバ病院 栄養管理室の課長であり、管理栄養士の黒川浩美さんは、「聖バルナバ病院らしい食事」をずっと常に考えてきたとのこと。

 

黒川課長は、専門の栄養士6名と、調理師さん含め、チームワークのいいスタッフ陣で、1日130食あまりの食事を提供しています。また、院内にあるレストラン「メイズ・キッチン」も人気で、ご近所の方は産後でも何年も通われているそう。今回は、聖バルナバ病院の産院ごはんの人気の秘密を伺ってきました。

 インタビューの続きを読む 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

更新情報の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

更新情報に関するキーワード