【高齢出産体験談】妊娠を考えたときにおこなったこと

2017/09/18 20:00
34歳で結婚。高齢出産は確定だったので、焦りがありました。結婚式や新婚旅行が控えていたため、その後はすぐにでも妊娠したいと思い、下準備をスタート!高齢なので早めに不妊治療専門病院への通院も開始しました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談

 

近年は昔に比べ、第一子の出産年齢が高くなり、高齢出産する人も増えています。私も34歳で結婚し、第一子を出産したときの年齢は36歳と、高齢出産でした。結婚した時点で高齢出産は確定だと感じ、すぐに妊娠しなくては!とあせりがありました。そんな私が妊娠を考えたときに意識したことや行動したことをお伝えします。

 

妊娠する時期を考える

34歳のとき入籍し、その3カ月後に結婚式をおこない、新婚旅行に行きました。新婚旅行までは妊娠が被らないようにしようと思っていたので、それまでは避妊をしていました。

 

新婚旅行が終わったら、すぐにでも妊娠したいと思っていたので、妊活は結婚が決まったころから開始しました。

 

妊活開始!

私が、新婚旅行前までにおこなっていた妊活は以下の4つです。


・基礎体温測定

・温活

・不妊治療専門病院を調べる

・不妊治療の知識をつける

 

これらは妊娠を考えるようになった時期から実施することをおすすめします。基礎体温を測ることで体調を知ることができ、温活の効果はすぐにはあらわれないので、ふだんから意識することが大切だと感じています。

 

また、高齢だとすぐに妊娠できない可能性もあるので、不妊治療について調べたり、通えそうな不妊治療専門病院を探しておくとスムーズだと思います。


不妊治療専門病院への通院

自分は妊娠できる体なのか、わからないまま過ごすのはいやだった私は、わりと早く不妊治療専門病院へ通院することに。私の通っていた病院は3カ月前の予約が必要で、新婚旅行から帰って予約を取り、それまでは自己タイミングで妊活しようと計画しました。

 

人気の病院はなかなか予約が取れません。このような計画を立てるためにも、事前調査は大事だと思います。普通の婦人科でも不妊治療をおこなっているところもありますが、やはり餅は餅屋。少しでも時間短縮と思っている方は不妊治療専門病院をおすすめします。

 

 

高齢での妊活はどうしても時間が気になってしまいます。でも、生理周期を考えたり体調を整えたり……と、時間を要することも多々あります。妊娠を考える時期が来たときに、出産までイメージして計画することが大切だと思います。(TEXT:ママライター岩田かおる)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。