食・レシピ 離乳食 コツ・ヒント 手づかみ食べ

バナナも注意!赤ちゃんがひとりで食べるときに気を付けたい食材まとめ

バナナのイメージ

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。9〜11カ月ごろ(離乳食後期)になると、赤ちゃんが自分で離乳食を食べる機会が増えます。自分で食べることで食事が楽しくなり、食べる意欲が増えてくる時期です。

 

しかし、赤ちゃんは咀嚼力が弱く、口に入れる量を自分で調節できないので、気を付けたい食材がまだまだあります。今日は、赤ちゃんが気を付けたい食材の一例と、食べやすい形状、作るときや食べるときに心がけることを紹介します。

 

続きを読む

赤ちゃんが自分で食べるときに気を付けたい食材

おにぎり

食事にもおやつにも大活躍するおにぎり。お茶碗に入れたご飯は食べないけれど、おにぎりにすると食べてくれる子もいるくらい、赤ちゃんにとっても人気のメニューです。でも、一度に口の中に入れると、咀嚼しにくく、飲み込みにくい食べ物でもあります。与えるときは赤ちゃんのひと口サイズにしたり、水分をやや多めにした3倍かゆや軟飯で作ると食べやすくなります。

 

パン類

手軽に食べられて便利なパン。パンはパサパサしていて、口の中の水分がとられ、飲み込みにくい食材です。与えるときは、小さくちぎる、そして水分と一緒に与えるよう心がけましょう。

 

いも類

ほっこりしていてやわらかく食べやすいので、じゃがいもやさつまいもが好きな赤ちゃんは多いですね。おやつにもなって重宝するいもですが、一度にたくさん口の中に入れると、のどに詰まることがあります。そのため、小さく切って水分と一緒に与えましょう。

 

ミニトマト

小さくて、ひと口サイズなので、そのまま与えがちなミニトマト。赤ちゃんは、ミニトマトの薄皮を噛み切ることができません。噛み切れないまま飲み込むと、のどに引っかかってしまいます。ミニトマトも湯むきをしましょう。幼児になっても、お子さんの発達を見て、湯むきをしたり小さく切ったりするなど、ひと手間をかけてあげてください。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。