【体験談】大人でもつらすぎる!20年ぶりに発症した「急性中耳炎」

2017/10/05 18:00
6
私は育児と仕事をがんばる一心で、自分の体調管理がおろそかになっていました。2週間以上風邪が長引いていたある日。急に耳に激痛が走りました。大人になって初めて急性中耳炎を発症したのです。がんばりすぎていた自分に気付きました。もっと自分の体を大事にしなくてはと感じ、夫と家事分担をするなど、がんばりすぎない工夫をしました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ
産後
病院

 

産後1年で職場復帰をした私は、仕事が終わると家事と育児に追われています。子どもが生まれる前の生活からは、考えられないほどに忙しい日々です。気付かぬうちに私の体は悲鳴をあげていました。

 

産後は自分の体調管理がおろそかになりがち

産後はとにかく赤ちゃんのお世話が最優先になりますよね。私は、自分のことは後回しになってしまい、育児と仕事をがんばる一心で、自分の体調管理がおろそかになっていました。風邪を引いても体を休ませることができません。

 

そんななか、2週間以上も風邪が長引いていたある日、急に耳に激痛が走りました。それは、いても立ってもいられないような強い痛みでした。

 

とにかく痛い!大人の急性中耳炎

体調管理をおろそかにしていたことで、とうとう体は悲鳴をあげたのでしょう。大人になって初めて発症した「急性中耳炎」でした。急性中耳炎にかかったのは子どものとき以来です。とにかく痛くて痛くてたまりませんでした。

 

急性中耳炎を発症したのは片方の耳で、音も聞こえづらく感じました。子どもがよく発症する中耳炎ですが、そのつらさを大人である自分も痛感しました。子どもが泣きわめく気持ちが分かります。耳鼻科で処方された薬を飲んで治療しました。


育児と仕事、がんばり過ぎないこと

急性中耳炎を経験し、がんばりすぎていた自分に気付きました。始まったばかりの育児と仕事。もっと力を抜くべきだったと、産後の生活を振り返りました。

 

眠くなくても横になってみたり、料理をサボってお惣菜にしてみたり。もっと自分の体を大事にしようと感じたのです。そこで、私は夫と家事の分担をすることにしました。すると、負担がぐっと減って楽になりました。

 

 

中耳炎の痛みはもう経験したくないと思うほどの痛みでした。風邪が長引いたりストレスや疲れがたまったりすると、大人でも中耳炎を発症する可能性があるとのこと。育児中は自分のことを後回しにしがちなので、体調管理にはじゅうぶん気を付けたいですね。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。