【初めての育児】夜勤パパとの子育て、どうしたらうまくいく?

2017/10/14 22:00
第一子出産。お互いの両親に手伝いが頼めなかったため、夫婦2人で子育てをがんばろう!とパパに言われました。しかし、そんなパパは夜勤のお仕事。お昼に寝て夜仕事に行くパパです。
夜勤パパで助かっていることは、平日の午前中に家にいるのでその間に子守をしてもらえること。デメリットは夜、家にいないので緊急時に不安になったり、休みのお出かけがなかなかできないこと。不安なこともありましたが、夜勤パパとの子育て楽しんでいます!
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
夫婦関係

 

第一子出産。わが家は、お互いの両親とも新幹線を使って半日ほどかかる距離に住んでるため、手伝いを気軽に頼めない状態です。里帰り出産もせず、夫婦2人で子育てをがんばろう!とパパに言われましたが、そんなパパは夜勤のお仕事。夜勤パパとの子育てについて、どのような様子なのかお伝えできればと思います。

 

パパ・ママのスケジュール

夜勤パパの平日のスケジュールは、18時に起き、19時に出勤。翌9時に帰宅し、12時ごろ寝る……といったサイクルです。私は6時ごろ起きて、20~21時ごろ寝るといったサイクル。ほぼ真逆の生活をしています。


そんななかでも、パパが帰宅してから寝るまでの3時間と、出社する前の1時間は家族一緒の時間を過ごすことができます。その中でパパにも子育てを手伝ってもらっています。

 

夜勤パパの育児で助かっていること

パパが9時~12時に家にいるため、子どもを見ていてもらい、一人で買い物に行くことができます。赤ちゃん連れでの買い物は大変なので、すごく助かりました。また、その時間に赤ちゃんのお風呂もお願いすることに。0カ月からずっとお風呂はパパ担当です。

 

夜勤なので、週の初めは月曜の夜から出勤。月曜日の午前中はまだお休み中のパパ。病院や予防接種なども月曜の午前中になるように予約をして、付き添いをお願いしています。


夜勤パパの育児のデメリット

やはり夜いないという点がいちばんのデメリットだと思います。一度、息子が夜中に高熱を出したことがありました。夜中なので救急?と一人で判断をしなければならず、しっかりしなきゃと思う反面、心細く感じました。


また、生活サイクルが真逆ということで、休みの日もなかなか出かけることができません。連休ぐらいしか家族でのお出かけができず、パパも普段は昼に寝ているので出かけていても眠そうだったりして、思い切り外出を楽しめないのはちょっと残念です。

 

 

デメリットを少しでも解消するため、救急時の対処法の冊子や連絡先などはすぐに確認できる場所に置いています。また、お出かけできる日には事前に念入りに予定を立て、当日存分に楽しめるようにしています。不安なこともありましたが、夜勤パパとの子育て楽しんでいます。(TEXT:ママライター岩田かおる)

 


  • 0
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。