記事サムネイル画像

星と書いてなんと読む?夜空に輝く星のように、キラキラ光る未来を願う名づけエピソード

ベビーカレンダーが企画した「2023年 赤ちゃんの名づけエピソードキャンペーン」の中から「星」という字を使ったエピソードを紹介します。

「星」という漢字は、満天の星はもちろん、まだ明るい空に輝く一番星や願いを込める流れ星など、さまざまな情景を連想させます。

星という漢字

星という漢字は「ほし」のほか、「セイ」「ショウ」などの読みを持つ漢字です。

 

キラキラ光る星のイメージから「輝かしい人生を歩んでほしい」「誰かにとっての道しるべになるような人になってほしい」などの願いが込められる傾向があります。

 

また、星がきれいな夜に生まれたなどの誕生エピソードや、新婚旅行先で見上げた空に流れ星が流れたなどのパパとママの思い出のエピソードから、この漢字が使われることもあるようです。

星と書いてなんと読む?

星と書いて「ひかり」と名付けられたひかりくん。世界的なファッションデザイナー・森英恵さんの孫であるファッションモデル・森 星さんも、星を「ひかり」と読ませています。

 

星くんは、どんな道に進んでも光輝くスターのような才能を発揮できるように、という願いを込めて、この名前がついたそう。


また、周囲を明るく照らすことのできる光のような人になってほしい、どんなときでも向上心を持ち、輝きを失わない人に育ってほしい、周囲の人たちの希望の光となる存在になってほしいという、光る星に由来する両親の思いが詰まっているとのことでした。

 

 

キラキラした未来を歩んでほしいと願わない親はいません。「星」という字には、尽きない未来への希望が込められているのですね。

 


<調査概要>
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画した「2023年 赤ちゃんの名づけエピソードキャンペーン」
対象:2023年1月1日〜10月16日の期間中に生まれた赤ちゃん
募集期間:2023年9月25日〜2023年10月16日

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 名前ランキング検索

    ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位、漢字の順位を見ることができます。

    NEW!【名前で検索】【よみ方で検索】が名前の一部で検索できるようになりました!

    あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →