生後7カ月のころ急に高熱が出てびっくり!「突発性発疹」体験談

2017/10/17 18:00
赤ちゃんが生後7カ月のころ、急に高熱が出てびっくり。小児科を受診すると風邪かもとの診断でしたが、数日後に熱が下がるとおなかに発疹が出始めたのです。受診の結果は「突発性発疹」。「かゆみは出にくいから薬は塗らなくていい。自然治癒を待つように」と小児科医に教わりました。発疹は数日で消え始め、自然に治りました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病院
感染症

 

赤ちゃんは、ママからの免疫のおかげで生後6カ月くらいまでは風邪などの病気になりにくいといわれています。わが子の場合、初めての発熱は生後7カ月、「突発性発疹」を発症したときでした。今回は、そのときに小児科医から教わった対処法についてお伝えします。

 

生後7カ月の時に急な高熱。インフルエンザ?

娘が赤ちゃんのころ、免疫のおかげか風邪もひかずに元気に過ごしていました。ところが、生後7カ月のある日。ちょっと様子がおかしいなと思ったら、急に39℃の高熱が出たのです。びっくりしましたが、赤ちゃんは食欲もあり、わりと元気でした。

 

受診したところ、小児科医からは「インフルエンザは陰性だから風邪かな。様子を見てください。発疹が出たら突発性発疹かもしれないですね」との診断でした。また、水分補給を心がけるように指導がありました。

 

 

熱が下がってから、おなかを中心に発疹が

娘は3日ほどで熱が下がりましたが、おなかに小さな発疹が出ていました。友人の赤ちゃんが「突発性発疹」にかかったときの話を聞いたことがあり、小児科医が前回の受診でも言っていましたが、再度受診するとやはり「突発性発疹」との診断でした。

 

小児科医からは、「かゆみが出にくい病気だから、薬は塗らなくて大丈夫」「数日で発疹は消えるから、自然治癒を待ちましょう。ただ、けいれんや下痢がひどかったら、すぐ受診するように」との指導を受けました。


発疹は3日後には薄くなっていった

発疹はおなかと背中の全体に、全身にはパラパラと出ていましたが、熱はまったく出ませんでした。娘も発疹が出ている数日はかゆみがなかったようで、食欲もあり、元気に遊んでいました。

 

そして小児科医が話していたように3日後には発疹が薄くなり、1週間後にはまったくわからない状態にまで回復していきました。

 

 

赤ちゃんの初めての発熱が、突発性発疹というケースも多いそうです。「自然治癒する病気で、かゆみが出にくいので薬を塗る必要はない」と小児科医に教わった通り、娘も元気な様子のまま回復していって安心しました。(TEXT:ママライター石原みどり)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。