平安時代からの儀式!お食い初めの意味とやり方を教えて

2017/02/19 21:00
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
お食い初め

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、子どもが一生食べ物に困らないようにという思いを込めた儀式「お食い初め」のお話をしますね。

 

お食い初めをするのはいつ?

お食い初めは、平安時代から行われている日本の儀式。「100日まで無事に育った」という安堵と祝賀の意味も込められていると言います。

 

ですので、一般的に赤ちゃんが生まれてから100日目に行います。地域によっては110日目や120日目にすることもあるそうです。もちろん、100日目ぴったりの日にしなくてもOK。100日前後の家族の揃う日を選ぶといいですね。

 

 

お食い初めの食器は?

お食い初めに使う食器のお話しをしますね。正式なお食い初めの食器は、男の子は朱塗り、女の子は外が黒塗りで内側が朱塗りのものが一般的です。


・お箸:柳の白木
・お椀:鶴、松などが描かれた漆器
・お膳:女性側の家紋の入った高足の御膳

 

最近では、お食い初めにも普段にも使える食器もあるようですよ!

 

お食い初めの料理は?

お食い初めは、一汁三菜を基本としています。
 

赤飯

赤飯には、邪気を払ったり魔除けの意味があります。白ご飯や栗ご飯を用意することもあります。
 

お吸い物

 「吸う」力が強くなるようにという意味があります。鯛や松茸などを入れます。
 

鯛の尾頭付き焼き魚

赤色がめでたい鯛。日本のお祝いごとに欠かせない魚です。
 

煮物

紅白色の大根とにんじん、レンコン、しいたけなど彩りが良い、旬のものを用意します。
 

香のもの

季節の野菜を漬けた香の物や酢のものを用意します。
 

歯がための石

赤ちゃんの歯が丈夫になるようにという願いが込められています。お宮参りの神社でもらうと良いそうです。お食い初めが終わったら感謝の気持ちを添えて、神社にお返ししましょうね。

 

 


儀式の進め方

食べさせる役目は、身内の最年長の人が行います。男の子は男性、女の子は女性が食べさせます。実際に食べさせるわけではなく、口元で食べさせるまねをします。
 

【食べさせる順番はこちら】
①ご飯
②お吸い物
③ご飯
④お魚
⑤ご飯
⑥お吸い物

これを3回繰り返します。
⑦歯がための石を箸先にチョンとつけ、赤ちゃんの歯茎にやさしく当ててあげます。

 

贈り物は?

母方の実家から、食器を送ることもあるそうです。ママが今ほしいものを相談しつつ、プレゼントしてあげてくださいね。

 

これを家でするとなると少し大変ですが、一生に1回しかないお祝いです。少し難しいかな?と思ったら、略式になってもOK。お店のプランでしてもOK。赤ちゃんの大切な日本の行事としてぜひしてみてくださいね!


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 

 


  • 1
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

イベントの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。