映画デビューにいかが?!「おかあさんといっしょ」映画化決定

2018/02/20 21:00
1
子どもが生まれて、初めて見せたテレビ番組はなんでしたか?私は、はっきりは覚えていないのですが、いつの間にか朝と夕方の2回、「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)を子どもと一緒に観るのが日課になっていました。自分自身が小さいころも、「にこにこぷん」を楽しみに視聴していた記憶がわずかに残っています。昨年には、だいすけお兄さんの卒業で大きな話題にもなりましたね。そんな、「おかあさんといっしょ」から新しいニュースが届きました。
カテゴリ│
エンタメ
中カテゴリ:
アニメ
映画
テレビ

親子でお出かけイメージ

 

子どもが生まれて、初めて見せたテレビ番組はなんでしたか?私は、はっきりは覚えていないのですが、いつの間にか朝と夕方の2回、「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)を子どもと一緒に観るのが日課になっていました。

 

自分自身が小さいころも、「にこにこぷん」を楽しみに視聴していた記憶がわずかに残っています。昨年には、だいすけお兄さんの卒業で大きな話題にもなりましたね。そんな、「おかあさんといっしょ」から新しいニュースが届きました。

 

60年目の映画化

「おかあさんといっしょ」の放送が始まって、今年で60年目を迎えます。一般の子ども参加型の番組であり、ファミリーコンサートも全国で開催されてきました。

 

そんな「おかあさんといっしょ」ですが、2018年9月7日より、「映画  おかあさんといっしょ はじめての大冒険」のタイトルで映画化され、全国の劇場で公開されることが発表されました。

 

映画の内容は?

番組レギュラーメンバーのゆういちろうお兄さん(花田ゆういちろう)、あつこお姉さん(小野あつこ)、よしお兄さん(小林よしひさ)、りさお姉さん(上原りさ)がスタジオを飛び出して、さまざまな場所へ冒険に出るという内容を予定しており、「ガラピコぷ~」もアニメ化されて上映されるそうです。

 

また、番組最後の「ブンバ・ボーン」の体操も組み込まれており、全編にわたり、親子で楽しめるコーナーがちりばめられた“体験型ファミリー映画”とのことです。


初めての映画はこれ!

映画の中には、体操なども組み込まれているため、映画館デビューで”静かに最後まで観られるだろうか?”という心配はしなくてもよさそうです。

 

高橋信一プロデューサーも「自分の子どもが『映画館で初めて観る映画は何になるのだろう?』と思ったとき、親子が楽しく観る映画を作りたいと思いました」とコメントしており、親子で初めての映画館デビュー作品として観に行ってみるのもいいかもしれません。

 


ファミリーコンサートに行くにも、チケットがなかなかとれなかったり、日程が合わなかったりと参加が難しいこともあります。映画館になんていつになったらいけるんだろう……と思っている方もいるかもしれません。子どもが毎日楽しく「おかあさんといっしょ」を観ているようであれば、映画館へ足を運ぶのもいいかもしれませんね。(TEXT:東 裕子)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

エンタメの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。