お産は予測不可能!緊急帝王切開になり後悔と不安でいっぱいに【体験談】

2018/04/13 12:00
1
お産は何が起こるかわかりません。妊娠経過に特に問題はなかったものの、急遽緊急帝王切開になってしまったママさんは不安や疑問がいっぱいに。緊急帝王切開の体験談をご紹介します。

お産のイメージ

 

人生の中でも特別なイベント「お産」。理想の形で迎えたいところですが、お産はなにが起こるかわかりません。私自身、長男を出産するときに自然分娩から緊急帝王切開に切り替わってしまいました。今回は、そのときの出産体験談をお話ししようと思います。

 

おしるし?いいえ、破水でした!

幸いなことに妊娠経過には特に問題はなく、順調に迎えた出産予定日前夜のこと。少量の出血があり、「あぁ、おしるしかな~」と呑気に考えて、翌日の健診で先生にそのことを伝えることにしました。

 

翌日の健診で確認してもらうと、返ってきたのは「ちょっと水っぽいよ」という予想外の言葉。検査してみると、なんと破水をしていて即入院となりました。このときは痛みなどはまったくなく、まだ陣痛は始まりません。その後、陣痛促進剤を投与することになりました。

 

胎児の心拍が低下し、緊急帝王切開へ!

陣痛促進剤を投与されてしばらくしてから、少し強めの生理痛のような痛みがやってきました。ようやく陣痛が始まったと思ったのですが、なんとこのタイミングで胎児の心拍が低下…!

 

酸素マスクをつけられ、とりあえず心拍は元に戻ったのですが、先生から「ここで緊急帝王切開に切り替えるか、どうしても経腟で産みたいなら総合病院へ搬送するけど、どうする?」と聞かれました。動揺しつつも夫と相談し、私は緊急帝王切開を選んだのでした。


まさか自分が帝王切開になろうとは…!

なんの予備知識もなく臨むことになった緊急帝王切開。幸い赤ちゃんは無事に生まれました。心拍が低下した原因は、へその緒が赤ちゃんに巻き付いていたからだったそうです。

 

しかし、出産後に疑問や不安が一気に押し寄せてきました。手術後の痛みっていつまで続くの?入院費ってどうなるんだろう?赤ちゃんのお世話ちゃんとできるのかな…。ベッドの上で何度も思ったのは「帝王切開についてまじめに勉強しておくんだった!」ということでした。

 

 

お産は予測不可能です。自然分娩予定でも、帝王切開に切り替わるかもしれないという認識を持ち、帝王切開の流れや入院期間、入院費用、入院中にあったほうがいい小物など、予備知識を仕入れておくと安心ですよ。(TEXT:上杉芽生)

 


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。