特集 妊娠出産

現代の『安産祈願(帯祝い)』妊婦の9割が参拝、腹帯は巻かない派が多数

安産祈願(戌の日)のイメージ

 

ベビーカレンダーでは、全国の出産経験を持つ女性約870名を対象に、現代の『安産祈願(帯祝い)』について調査しました。妊娠5カ月の戌(いぬ)の日に神社仏閣へ赴き、ご祈祷をうけて腹帯を巻くという風習は、現在も守られているのでしょうか。

 

続きを読む

現代における『安産祈願(帯祝い)』の常識とは? 約870人に実態調査

『安産祈願(帯祝い)』とは、妊娠5カ月の戌(いぬ)の日に神社仏閣へ赴き、ご祈祷をうけて腹帯を巻く儀式をすることです。もともとは皇室や武家が行っていた儀式で、一般に広まったのは江戸時代からと言われています。そこから数えると、なんと500年以上もこの風習は続いているということです。古くから伝わるものは時代とともに少しずつ形を変えたり、風化していってしまったりするものですが、この安産祈願に関してはどうでしょうか? 

 

安産祈願という風習を残していきたいと思いますか?

調査結果「安産祈願という風習を残していきたいと思いますか?」

 

まず最初に『安産祈願(帯祝い)』について、現代のママたちが昔ながらの風習についてどう思っているかアンケートをとってみたところ、なんと全体の8割以上の人が、この風習を“これからも残していきたい”と回答しました。


夫婦や家庭の在り方は年々変化しているものの、内容や形が変わってもぜひ残したいと考える人が多いようです。それでは、ここから具体的に昔と今ではどのように形が変わっているのかを見ていきます。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。