パパとママそれぞれが休日を有意義に過ごすためにしていること【体験談】

仕事と家事と育児の大変さや重要性を比べ、ケンカが絶えなかった夫婦。しかし、ある方法で楽しく過ごせるようになったそうです! そんな“夫婦が休日を有意義に過ごす方法”について、ママの体験談を紹介しています。

育児している夫婦

 

パパの休日は、ママにとっても子育てをお休みできる日! 普段できないところの掃除や、子どもを預けて“お一人様”を満喫したくなりますが、それだとパパの疲れがとれず仕事に支障がでます。そこで、わが家で実践している「お互いが休日を有意義に過ごせる方法」をお伝えします。

 

続きを読む

“隔週お一人様”で休日を満喫!

週末はパパに子どもを預けて子育てから解放されたくなりますが、パパも一人の時間や休息が欲しいと思っています。

 

わが家では、第1・3週にパパが趣味の釣りへ行き、第2・4週は私が手芸をする、というようにお互いが自由に過ごせる日をつくり、支え合うようにしました。平等にならない月もありますが、「自分ばかりががんばっている!」などの些細なケンカがなくなり、相手を思いやる余裕ができたので、少しのわがままなら許せるようになりました。

 

繁忙期は“数時間お一人様”でよしとする

パパの仕事が繁忙期のときは家事の分担ができないため、ママの“家事繁忙期”でもあります。

 

この時期に丸1日子どもを預けるとパパが潰れてしまうので、わが家では昼までパパが寝て、午後は私が一人で買い物へ行くなど、数時間にとどめています。お互いの自由時間を少しつくるだけでもリフレッシュになるので、ストレスを溜めずに繁忙期を乗り切ることができるようになりました。

 

パパができなかったことを怒らない

パパが出かけるときに「ついでにコレをやっておいてね」と、お願いすることがあります。しかし、この“ついでのお願い”は、複数のことが同時進行するので、一点集中型のパパにとっては難しいようでした。

 

初めはやり忘れがたくさんあります。しかし、休日を確保するために怒りは飲み込みました。「ここまでしてくれたら大丈夫! 今度がんばって!」など、逃げ道をつくってあげると、次も快く引き受けてくれます。2年かかりましたが、わが家のパパも一通りできるようになりました。

 

 

子育てが始まったとき、「自分のやっていることのほうが上だ!」とケンカが絶えませんでした。“お金を稼ぐこと”と“家を支えること”はどちらも大切。優劣をつけずに、お互いのがんばりを認めたことで自然とケンカが減り、休日を有意義に過ごせるようになりました。


著者:長山まな

結婚を期に人口3,000人弱の田舎へ移住。2歳の娘と夫と3人暮らし。仕事をしながら、地方・共働きならではの子育て記事などを執筆中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP