楽しいはずの子育てなのに、なんでこんなにイライラするの?

2018/07/16 22:00
楽しいはずの子育てなのに、なぜか毎日イライラしてしまう……。そんなママのお悩みを解決するためのシリーズがスタートします。第1回は“イライラ”の正体を探っていくところから始めましょう。

育児に悩んでいるママのイメージ

 

せっかく作ったご飯を食べなかったり、夜なかなか寝てくれなかったり……。わが子はかわいいはずなのに、子育て中のちょっとしたことでイライラしていませんか。過剰に怒ったり、怒ったあとに後悔したりするくらいなら、そんな“イライラ”と上手につき合っていく方法を知りたいですよね。今回は、そんな悩みを解決するための「ママのイライラコントロール」第1回をお届けします。

 

監修には、日本アンガーマネジメント協会の篠真希先生をお迎えし、ご著書『子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本』から特に気になる内容をピックアップしました。

 

産前はそんなことなかったのに……夫や家族にイライラ

イライラコントロールの第一歩は、自分がどんなときにイライラするのかを知ることから。

 

たとえば、子どもがぐずって泣いているのに抱っこしてくれない夫や、孫を必要以上に甘やかす祖父母にイライラしたことはありませんか? 冷静になると、ちょっとしたことなのに大きな声を出したり、冷たい態度をとったりしてしまう。「出産前より短気になってしまったのでは?」と、不安になるママも多いのではないでしょうか。

 

ほかのママたちはいつもニコニコ。余裕があるように見える

また、自分の子育てに自信が持てず、ほかのママたちと比べてしまうこともありますよね。たとえば、スーパーや児童館などで見かけるお母さんはいつもニコニコして見える。保育園のお迎えのときに会うママはいつもきれいにしていて「感情的に怒ったりしないんだろうな……」なんてうらやんでしまうことも。

 

だけど、よく考えてみれば、そんなことはありえないと思いませんか? きっといつもやさしそうなママ友だって、家では“イライラ”を抱えているはずです。なぜなら「怒り」はあって当たり前の感情だから。だれもが普通に持っているものなんです。


子育てにまつわるイライラの正体って、実は……?

あって当たり前の感情だとはいえ、できれば、あまり怒ったりイライラしたりしたくないもの。実は、子育て中のイライラは、寝不足や疲れ、しなければいけないことが次から次へとエンドレスに続いて、時間に追われる焦りなどの“ストレス”が原因になっていることがほとんどです。

 

子どもが生まれたから怒りっぽくなったのではなく、ストレスが溢れて、イライラしやすくなっているだけということが多いんですよ。まずは「いまの自分には余裕がないんだ」と素直に受け入れることから始めてみませんか。

 

篠真希先生からのアドバイス!

子育て中は、忙しいことに加えて、自分の育児が正解なのかという不安、そして一人で切り盛りしなければいけない孤独感を感じることもあるでしょう。でも心配しないで。それはみんな同じ! まずはイライラしてしまうことも含めて「私よくがんばってる!」と褒めてあげるところからスタートしましょう。

 

 

まずは、イライラや怒りといった感情と上手につき合っていくことを考えてみましょう。 それがイライラコントロールの第一歩になります。次回は、イライラを押さえつけるのではなく、感情を認めることの大切さや視点についてお伝えします。(TEXT:いずみかな)

 


一般社団法人日本アンガーマネジメント協会1期生。アンガーマネジメントファシリテーター。大学卒業後、総合商社秘書室勤務。その後、7年にわたる海外での子育て経験を経て、アンガーマネジメントを学ぶ。日本で初めて「母親のためのアンガーマネジメント講座」を開催。著書に『子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本』(すばる舎)など。

 

参考:『子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本』(すばる舎)

『子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本』(すばる舎)


  • 3
  • 1
  • 4
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。