捨てるのはもったいない!不用品がおもちゃに大変身【ママの体験談】

2018/08/23 18:00
19
生後11カ月ごろになると、赤ちゃんはより一層好奇心旺盛に。ゴミになる前の不用品が、赤ちゃんにとっては最高のおもちゃになったりします。この記事では、ペットボトルボウリング、段ボールカー、空き箱で「ないないポイッ」の3つの遊びをママが紹介してくれました。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
遊び

リビングで遊ぶ親子のイメージ

 

たっち・あんよができるようになった、生後11カ月ごろ。わが子は「自分で何かやりたい!」 という気持ちが旺盛になってきました。自宅にあるおもちゃだけでは物足りなくなるほど、好奇心でいっぱいです。そこで考えたのが、捨てる前の不用品を使って遊ぶこと。わが家で盛り上がった遊びをご紹介します。

 

ペットボトルボウリング

ペットボトルボウリング

 

500mlの空ペットボトルを捨てずに何本か集めておき、ボウリング遊びを楽しみました。まずは近い距離からママと一緒にボールを転がします。ペットボトルが倒れたら「すご~い!!」と喜ぶと、とても盛り上がりました。

 

息子は気に入って、何度も繰り返し遊んでいました。大きめのボールを使うとペットボトルが倒れやすいですよ!

 

ダンボールカーでゴーゴー! 

段ボールカー

 

子どもが小さいうちはインターネットで買い物をする機会が多かったので、わが家にはダンボール箱がたくさんありました。最初のうちは捨てていたのですが、ダンボール箱が意外といろいろな遊びに使えることに気付きました。

 

特に息子が気に入ったのが、ダンボール箱を車に見立てて遊ぶこと。ダンボール箱に子どもが入り、ママがそれを引っ張ります。「ゴーゴー!」と声をかけながら進ませると、息子はとても楽しそうにしていました。


空き箱を使って「ないない、ポイッ!」

空き箱遊び

 

お菓子などが入った空き箱も遊びに使うことができました。たとえば息子に「ないないしようね」と声をかけ、まわりにあるおもちゃを空き箱に入れて遊びます。

 

全部おもちゃが空き箱に入ったら、次は「ポイしてね」と声をかけ、かごの外へおもちゃを出していくんです。おもちゃをかごに入れる・出すの繰り返しが、息子にとって楽しいようでした。片付けの練習にもなりそうです。

 

 

ゴミになるような不用品も、ちょっとした工夫で遊びに活用することができました。遊ばなくなったら遠慮なく捨てられますし、壊れても気になりません。ほかにも工夫次第で、いろいろな遊びが生み出せそうですね!


著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。お子さまの成長に合わせて遊び方を考えてあげてください。また、お子さまが遊んでいる間はそばで見守るようにしましょう。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
19

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。