グッズ 手作りグッズ ベビー服 腹帯・骨盤ベルト ファッション

おなかの子を守り育んだ腹帯が生まれ変わる『帯プロジェクト』

帯プロジェクト作品イメージ

 

東京都にある安産祈願で有名な神社・水天宮では、安産のお守りとして”鈴の緒 御子守帯(みすゞおび)”という腹帯を授けています。そして、無事出産を終えたあとにその御子守帯を新たな形に再生する『帯プロジェクト』という取り組みが今、広がりを見せているそうです。実際にどのようなことが行われていて、どんなふうに形を変えているのか、水天宮やプロジェクトに賛同する方々にお話を伺ってきました。

 

続きを読む

御子守帯(みすゞおび)とは?

水天宮 鈴の緒のイメージ

 

水天宮では、巾着型のお守り袋ではなく腹帯が安産のお守りとして授けられています。この腹帯は“鈴の緒 御子守帯(みすゞおび)”と呼ばれ、社殿でお参りする際に鳴らす鈴にさがる紐(鈴の緒)が由来しているそうです。

 

「その昔、古くなった鈴の緒をおさがりとしていただき、おなかに巻いた妊婦さんがいらっしゃいました。そして、安産を祈願したところ、ことのほかお産が楽であったということが人づてに広まり、御神徳をいただきたいと多くの妊婦さんが水天宮に訪れるようになりました」(水天宮女性神職)

 

水天宮 お守りのイメージ

 

水天宮の鈴の緒は、江戸時代から晒木綿が使われていました。現在も戌の日の早朝にご祈祷した当時のままの生成の晒木綿が御子守帯として参拝された方々に授けられています。そして出産後、その生成色の帯を使って生まれてきた子のための服や小物をハンドメイドする取り組みがはじまりました。それが『帯プロジェクト』です。

 

はじまりは、東日本大震災をうけて生まれた想い

この『帯プロジェクト』という取り組みは、東日本大震災をうけて生まれた想いが発端となっているそうです。

 

帯プロジェクト作品イメージ2

 

「ご妊婦様からの“お受けした御子守帯を産後も生かしたい”という声や、東日本大震災を機に”ものの大切さ・ありがたさ”を再認識したことにはじまります。最初は女性神職や巫女が中心となって作っていたのですが、現在は多くのお母様方に共感していただき、ご自身で作った作品をSNSで公開したりと広がりをみせております」(水天宮女性神職)

 

そのはじまりの想いを継承するように、水天宮では毎月11日の午後2時46分に行われる復興祈願祭に参列された方へ、陸前高田市に在住の有志“帯っこシスターズ”の方々が御子守帯と同じ布から作った復興支援ハンカチが配布されます。

 

帯プロジェクト作品イメージ3

 

巫女さんたちによる作品は水天宮の待合室に展示してありますので、お参りの際はぜひ見てみてくださいね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。