どこでも使える「Clipa」で、荷物の置き場所にもう困らない!

外出時、重くてかさばりがちなマザーズバッグの置き場所に困ったことはないでしょうか。そんなときに役立つバッグハンガー「Clipa」を、実際に使用しているママがレポートします。

バッグハンガーclipa(クリッパ)

 

小さい子ども連れで外出すると、何かと荷物が多くなりがちです。そのため、レストランやトイレなどに入ったとき、手荷物を置く場所がなくて困った……という経験が何度もありました。あるとき、雑貨店で「Clipa(クリッパ)」というバッグハンガーを見かけて、購入。すると、重いバッグをどこでも気軽に引っ掛けておくことができるようになり、大変便利になりました!

 

バッグ置き場がない場所は意外と多い!

ベンチに掛けたclipa(クリッパ)

 

小さい子どもがいると、おむつや着替え、哺乳瓶やおもちゃなど、荷物が多いのが難点。レストランや公共のトイレに入ると、荷物置き場がないことに気づかされます。バッグを入れるためのカゴや棚が用意されていることもありますが、大きくて重いマザーズバッグはそもそも入らない・乗せられないことも多く、泣く泣く床に置いたこともありました。

 

知り合いのママのなかには、バッグハンガーやS字フックを持ち歩いている人もいましたが、デザイン的に気に入ったものがなかったり、耐荷重が不足していたりと、ぴったりくるものがありませんでした。

 

ブレスレット?いいえ、バッグハンガーです!

clipa(クリッパ)と手との大きさ比較

 

そんなとき、ある雑貨店で「Clipa(クリッパ)」というバッグハンガーを見つけました。金属製のリング状で、パッと見ただけではシンプルなブレスレットにしか見えません。中央のヒンジ部分で開く構造になっており、片方をテーブルに、もう片方をバッグの持ち手に引っ掛けることで、バッグをぶら下げられます。

 

一般的なバッグハンガーの耐荷重は数kg程度ですが、「Clipa」は15kgもあり、重いマザーズバッグも余裕! 先端には滑り止め素材が使われているため、バッグを引っ掛けた状態でも滑りにくく、テーブルなどにキズをつける心配もありません。

 

形状問わずどこでも引っ掛けられる!

バッグの持ち手につけたclipa(クリッパ)

 

一般的なバッグハンガーは、テーブルなどの平面にしか固定できないものが主流。しかし「Clipa」は、椅子の背もたれやドアの上など、引っ掛けられるところさえあればどこでも使えるのが利点です。特に重宝するのは、自動車の車内。荷物を置く場所がないとき、背もたれなどに引っ掛けておけるので、両手・両ひざを空けることができます。

 

色はブラックシルバー・シルバー・ゴールドの3タイプあり、それぞれツヤあり・なしの2タイプが展開されています。シンプルな色味なので、バッグの持ち手につけっぱなしにしていても、ほとんど目立ちません。

 

 

バッグに「Clipa」を常備するようになって以来、重いマザーズバッグの置き場所を探してキョロキョロすることが減りました。ちょっとしたお出かけはもちろん、旅行や出張などに持って行っても重宝すること間違いなしです。


著者:大川香織

小学2年生と1歳、2男の母。共働き。編集プロダクションや出版社で、子育て情報誌などの制作に携わった経験をもとに、さまざまなテーマで執筆。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    グッズの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶