ママになったら揃えたい!シチュエーション別おすすめボトムス3

2018/09/11 20:00
2
この記事ではママになってもおしゃれでいたい!という方におすすめのシチュエーション別ボトムスを紹介しています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
ファッション

お出かけしている親子のイメージ

 

ママになってもおしゃれでいたい! 多くのママが思うところであると思いますが、いざ赤ちゃんが生まれると、おしゃれよりも機能性を重視してしまうのではないでしょうか。しかしひと口に「機能性」と言っても、実は、シチュエーションによって必要なボトムスがだいぶ変わってくるんです。

 

公園に行くときはワイドパンツ

ワイドパンツのイメージ

 

公園に行くときはパンツを選択することが多いかと思いますが、できれば、ぴったりめではなく、ゆったりめのパンツがおすすめです。なぜなら座ったり立ったりする頻度が非常に多いから。ぴったりめだと動くのに若干窮屈です。さらに股上深めだと、しゃがんだ際に背中が見えなくて安心です。

 

自転車に乗るときはぴったりめのパンツ

自転車と細身のパンツのイメージ

 

赤ちゃんの首がすわって抱っこひもでの抱っこが安定してくると、ちょっと遠くへ行く場合に自転車を利用する方もいるかと思います。(※)そんなときは車輪にスカートの裾やワイドパンツの裾が絡まないようにぴったりめのパンツだと安心です。実際に車輪に絡まるようなことがなくても、絡まりそう、という不安感からバランスを崩しては危険です。

 

※各地域によって抱っこひも使用時の自転車に関するルールは異なります。各地域の道路交通法施行細則をご確認ください。


お出かけ時にはミモレ丈スカート

ミモレ丈のスカートのイメージ

 

動物園や旅行など、お出かけする際にはミモレ丈のスカートをおすすめします。お出かけ時になると、外でトイレを済ませる機会が必ずといっていいほどあるわけですが、ズボン、特にワイドパンツ系だとズボンを下げたときに裾が床についてしまう可能性が、マキシ丈のロングスカートだと、子どもをトイレに行かせて前かがみになった際に裾が床についてしまう可能性があります。

 

トイレの床が汚れていたりしてそこに裾がついてしまうと、せっかくのお出かけの楽しい気分も台無し……。その点、ミモレ丈のスカートなら、裾が床につく心配がありません。

 

 

行く場所によって、機能的な服が変わってきてしまう子連れでの外出。ぜひ、参考にしてみてください。


4歳女児の母。旅行雑誌編集デスク、アルバイト情報サイト編集長を経て、フリーのWEBプロデューサー&ライターとして活動中。現在、モロッコ在住。自身の経験からママたちと共有したい情報を発信中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。