制度・支援 ベビーシッター

【続報】今年12月以降に東京都がベビーシッター費用の補助を開始予定

100

ベビーシッターのイメージ

 

2018年4月に「働くママ注目!東京都がベビーシッター費用の補助をはじめます」というコラムで、東京都が2018年度に始めるベビーシッター補助の概要についてお伝えしました。その後は8月に東京都が制度についてベビーシッター事業者に説明会をおこない、内容が具体的になってきました。制度のすべてが決まってはいないのですが、2018年8月時点で決まっている内容についてお伝えします。

 

続きを読む

1.開始時期と自己負担額が当初の発表から変更

当初の開始時期が2018年秋ごろ、補助月額の上限が28万円となっていましたが、開始時期の予定は2018年12月以降、補助月額の上限が30万5600円(本人負担上限4万円)となりました。今後のベビーシッター事業者の参加の状況や利用者の予測状況によっては、時期や補助上限額がさらに変わる可能性もあるので、利用を検討している人は、東京都や市区町村のホームページや広報等を確認するようにしましょう。

 

2.利用条件と事業の仕組み

「ベビーシッター利用支援事業」は誰でも利用できるわけではなく、“保育認定を受けたにもかかわらず、保育園・保育所などを利用できず、養育する乳幼児が待機児童となっている保護者の子”または“0歳児で保育所などへの入所申込みをせず、育児休業を1年間取得した後復職する保護者の子が”保育園・保育所などへ入所するまでの間に認可外のベビーシッターを利用する場合が対象となります。また、利用条件は以下のとおりです。

 

①対象児童…0歳~2歳  

②利用上限…1日上限8時間、月上限160時間(上限を超えた分は全額自己負担)  

③公費負担…月上限305,600円  

④利用者負担…1時間250円、月上限40,000円 

 

なお、8月から東京都ではこの事業に取り組むベビーシッター業者を募集しています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

制度・支援の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。