私はコレで乗り切った! 離乳食作りに役立つ便利アイテム3選

この記事では、ママが離乳食作りに役立つと感じた便利アイテムを紹介しています。離乳食作りは、茹でたり、潰したり、細かくしたり……と、意外と面倒でストレスを感じるママも多いはず。そんな離乳食作りをじょうずに乗り切ったママは、こんな便利アイテムを使っていました!

離乳食作りアイテム

 

離乳食が始まると、普段の調理とはまた違った負担が増え、ママは結構大変……。今回は、私の離乳食作りを助けてくれたアイテムを厳選して3つ紹介します。ラクに調理できるアイテムは手間が省けるだけでなく、気持ちの面でも大いに助けてくれました!

 

続きを読む

1.ハンドブレンダー

ハンドブレンダー

 

特に5~6カ月ごろ(離乳食初期)は、これがあるかないかで、離乳食作りにかかる時間と負担は大きく変わりました。この段階の赤ちゃんは細かくすり潰さないと食べられず、そのすり潰す作業が本当に大変だったのですが、ハンドブレンダー購入後は一瞬で解決しました!

 

私も最初はすり鉢ですり潰していたのですが、毎回地味に疲れるし時間もかかる……。ハンドブレンダーを購入して使うようになってからは、時間も短く、負担も少なくなり、離乳食作りがとてもラクになりました。 

 

2.シリコンの小分けトレー

シリコン小分けトレー

 

離乳食の小分けトレーは種類がたくさんありますが、私が使って便利だったのは、シリコンカップで小分けできるトレーです。メーカーはリッチェル。

 

トレーの中にシリコンカップが入っていて、カップごとに保存できます。カップごとにそのまま温めることができるので、わざわざお皿に移す必要もなく、洗い物も減らすことができました。使い終わったらカップを1つずつ洗うことができるのも気に入っています。

 

3.シリコンスチーマー

ルクエ シリコンスチーマー

 

離乳食作りでは野菜などを茹でてからすり潰すことが多く、「手間がかかるな~」と思っていました。そんなときに役立ったのが、シリコンスチーマーです。ここに野菜を入れて電子レンジで数分加熱するだけで、茹でた状態になります。鍋を出して水を入れて沸騰させる……という手間も省けますし、時短にもなりました。

 

私は、うどんなどもこれを使って調理しました。子どもが成長して幼児食になってからも、よく使っています。

 

 

赤ちゃんの離乳食時期は、調理が面倒なうえに食べムラがあったり、レパートリーに悩んだりと、精神的ストレスになることも多かったです。便利アイテムに頼って少しでもストレスを減らせれば、離乳食時期をもっと楽しめるかもしれません。


著者:立田みのり

一男一女の母。妊娠、出産を機に退職後、現在は自身の経験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    グッズの新着記事

  • PICKUP