生後6カ月、仕事復帰前で入園準備に大忙し【ママの1日のスケジュール】

2018/11/15 20:00
10
子育てをしていると、他のママがどんなスケジュールをこなしているのか気になることもしばしば。正解や間違いはないけれど、同じくらいの歳の子どもがいるママの1日は、参考になることも多いですよね! 今回は、生後6カ月の赤ちゃんがいるとあるママの1日をご紹介します。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
発達・発育
2人目・3人目

カナタくん

 

6年ぶりとなる新しい家族は、元気いっぱいの男の子! 長女(小6)、長男(小1)に続く第3子は、現在生後6カ月。離乳食をもりもり食べ、すくすく成長中です。お互いの両親に頼れないため、パパの協力が不可欠! パパは仕事から帰ると、家事、育児をサポートしてくれています。

 

ママは出産を機にお仕事をお休みしていましたが、11月から復帰予定。それに合わせ、赤ちゃんも来月から保育園へ。家事、育児の合間を利用して、コツコツと入園準備を進めています。

 

奏風(かなた)くんママの1日のスケジュール

05:00 起床&ミルク

子どもの泣き声で起床。おむつを替え、ミルクをあげたら再度寝かしつけ。まだ時間が早いため、ママも二度寝する。

 

06:50 再度起床&お弁当作り&朝食

 

07:45 家族を送り出し、赤ちゃんを起こす

 

10:00 離乳食&ミルク

カナタくん離乳食

時短のために下ごしらえをして、冷凍しておいた食材を使って離乳食作り。今日はブロッコリーのおかゆと、お豆腐をすりつぶしたもの。食後にミルクを飲ませると、いつもこのタイミングでうんちをします。

 

11:30 お昼寝&ママのお昼&家事

おなかがいっぱいになり、眠くてグズグズ。赤ちゃんがお昼寝をしたのを見計らって、ママもお昼ごはん。基本的に夕飯の残りや、お茶漬けなどの手軽なものです。その後は洗い物などを片付け、今日は保育園で使うお昼寝布団のバッグを制作。

 

14:00 ミルク&家事

奏風くんがお目覚め。おむつを替えて、ミルクタイム。授乳を終え、洗濯物をたたんだら、奏風くんをあやしながらバッグ制作の続き。

カナタくんバッグ

なんとか本日中に完成! お裁縫が好きなので、子どもが使うものは基本的に手作りすることをモットーにしています。

 

17:00 夕食準備

 

18:00 家族帰宅&夕食

パパとお姉ちゃん、お兄ちゃんが帰宅。家族で夕食を食べ、奏風くんもミルクを飲みます。ここから奏風くんのお世話は基本的にパパ担当です。

 

19:30 きょうだいの連絡帳と宿題チェック&奏風くんの寝かしつけ

カナタくん宿題

パパが子どもたちと奏風くんをお風呂に入れてくれている間に、ママは子どもたちの連絡帳チェック&自主学習用の問題をノートに記入。お風呂上がりの奏風くんに白湯をあげ、そのまま寝かしつけ。お姉ちゃん、お兄ちゃんは宿題タイム。

 

22:00 お姉ちゃん、お兄ちゃん就寝

 

23:00 家事や家計簿の記入&ミルク

パパと一緒に、食器の後片づけや洗濯物、お風呂掃除など済ませます。奏風くんが泣き出し、ミルクタイム。パパが授乳してくれている隙に、家計簿を記入。奏風くんを寝かしつけ、パパと少し会話。

 

25:00 パパ就寝

家族が寝静まったのを確認し、地域のバザーに出すハンドメイド作品の制作をおこないます。この時間帯が一番集中して取り組めます!

 

26:00 ママ就寝

 

【生後6カ月】奏風の現在の様子メモ

■身長/体重

64cm/8,460g

 

■服のサイズ

70~80cm

 

■おむつのサイズ

Mサイズ

 

■睡眠・お昼寝の時間

睡眠 6:00~8:00、20:30~23:00、24:00~5:00

お昼寝 11:30~14:00

 

■授乳・食事の回数

ミルク:5回

離乳食:1回

 

■おしっこの回数

7回

 

■うんちの回数

1回

 

今日を終えて…ママのコメント

現在はお仕事をお休みしているので、空いている時間を利用して、入園準備や地域のバザーに出す作品づくりをしています。まだ赤ちゃんの睡眠時間(夜間)にバラつきがあるので、保育園入園を機にネントレにチャレンジしたいと思っています。また、そろそろ離乳食も2回に増やそうと検討中です。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。