コレはさすがにマズイ!2人目出産後すぐにマイコプラズマ肺炎【体験談】

2019/01/26 23:00
1
産後は免疫力が低下し、体調を崩しやすいとき。生まれたばかりの赤ちゃんを一緒に病院に連れて行くわけにもいきません。また授乳中のため薬もなかなか飲めないこともあり、体調不良を感じても病院になかなか足が向かないことも……。今回は、産後にマイコプラズマ肺炎になってしまったママの体験談です。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
産後
免疫

咳をする女性

 

産後はママの体の免疫力が低下すると言いますが、私は第2子、第3子出産後のいずれも体調を崩しました。とくに第2子出産後は咳が止まらず、高熱が出て、マイコプラズマ肺炎と診断されたのです。そのときのことをご紹介します。

 

出産後、退院してすぐに高熱が出た!

待望の第2子を出産し、無事退院。退院に合わせて母が来てくれたので、産後の生活も安心だな~と思っていました。しかしそのおかげで気が緩んだのか、咳が出始め、さらに39度以上の高熱が……。出産前にも長女が咳をしていたので、「うつったかな?」くらいに思っていたのですが、さすがにこれはマズイぞ、と近くの内科を受診しました。レントゲンを撮ると肺に少し影があり、血液検査などをした結果、マイコプラズマ肺炎と診断されました。

 

薬を飲みながら夜中も授乳

母がいてくれたのが、不幸中の幸いでした。熱は高かったものの、自分でも驚くほど食欲があり、しっかり・がっつり母の手料理を食べて眠ることができました。

病院でもらった薬は「おっぱいをあげても大丈夫」とのことで、夜中もなんとか起きて授乳もできました。ミルクとの混合育児だったため、ミルクの場合は夫にお願いしました。


「母は強し!」を実感した

母の手料理と睡眠、そして食欲があったおかげか、翌朝にはすっかり平熱となり、驚異の回復力を発揮しました。しかし咳は続いていたので、マスクは欠かさず装着。体調はみるみるうちによくなりましたが、マイコプラズマ肺炎はうつりやすく潜伏期間もあるそうなので、その後しばらくは油断できませんでした。

 

ところが、その後看病をしてくれていた母が体調不良に。今度は母に頼るのも申し訳ない状況になりました。しかし、「大丈夫、大丈夫」とつらそうな顔をしながらも、家のことをやってくれた母の姿が今でも忘れられません。

 

 

上の子がいて、しかも冬季の出産の場合、いろいろな病気にかかりやすいようです。かかってしまったら産後であってもできるだけ早く病院に行き、とにかく寝る・食べることが大切だと実感したできごとでした。


著者:岩崎未来

三児(女・女・男)の母。出版社・編集プロダクションの勤務を経たのち、第一子出産を機にフリーランスに。現在は会社役員という肩書きを持ちながらも、ライター・編集者としても活動中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。