イベント お祝い

マナー違反? 知っておきたい「出産内祝い」の常識

赤ちゃん誕生のイメージ

 

赤ちゃんが生まれると、親戚や友人からお祝いを頂くことも多いですよね。今回は、出産祝いのお返し「内祝い」のマナーについて紹介します。

 

続きを読む

マナー1:内祝いを贈る時期

内祝いは赤ちゃんが生後1~2カ月くらい、お宮参りの時期に贈るのが一般的です。でも、そのころは赤ちゃんのお世話で一番大変な時期。内祝いの準備まで手が回らないこともあります。

 

できれば妊娠中に何を贈るかおおまかに決めておき、親しく付き合っている人の連絡先を整理しておきましょう。

 

マナー2:内祝いの前にお礼を

お祝いが届いたら、内祝いを贈る前にお礼を伝えるのがマナーです。親しい間柄なら電話やメールでもいいですし、職場の上司などの目上の方ならお礼状でもいいでしょう。頂いてから3日以内には済ませたいですね。

 

マナー3:内祝いの金額設定

内祝いの金額は、一般的に頂いたお祝いの半額〜三分の一程度といわれています。つまり5,000円相当の場合は2,000〜2,500円程度、1万円相当の場合は3,000〜5,000円程度ということ。ただ、これはあくまでも相場です。

 

目上の方から高額な金品を頂いたときは、半額〜三分の一程度ということにこだわらず自分が出せる範囲でかまいません。また、頂いた品物の正確な金額がわからないときは、1,000〜3,000円くらいの品物を選ぶのが無難です。あまり高価なお返しをすると相手が恐縮してしまいます。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。