少子化が止まらない…厚労省が平成30年人口動態統計の年間推計を公表

この記事では2018年12月21日に公表された、平成30年(2018)人口動態統計の年間推計の内容を紹介しています。

新生児

 

12月21日、厚生労働省は平成30年(2018)人口動態統計の年間推計を公表しました。

 

続きを読む

出生数は平成29年(2017)からさらに減少

平成30年(2018)の出生数は92万1,000人で、94万6065人だった2017年からさらに減少しました。出生数が初めて100万人を下回ったのは2016年のことで、これで3年連続の100万人割れとなりました。また、出生率(人口千対)は7.4と推計され、こちらも2017年よりも減少しており、少子化に歯止めがかからない状況が浮き彫りとなりました。

 

その一方で死亡数は136万9,000人で、平成29年(2017)よりも29,000人増加しています。死亡数が出生数を上回る状況は、日本の人口が増えないということを示しています。実際、人口の自然減は平成19年(2007)から続いており、年々減少率も大きくなっていて、日本の人口減少も進んでいることがわかります。

 

また、婚姻数は59万組でこちらも平成29年(2017)よりも17万組減少、初の60万組割れとなっています。婚姻数の減少も、出生数の減少にも影響があると考えられます。

 


「平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)の概況」は、2019年6月に公表予定です。その際にはより詳細なデータと分析結果が明らかになると思います。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    制度・支援の新着記事

  • PICKUP