ママネタ 体験談 助産師に相談

聞こえ方がおかしい…妊娠中「耳管開放症」と診断されて【ママの体験談】

耳を触る妊婦さん

 

妊娠5カ月を過ぎたころ、聞こえ方がなんだかおかしいと感じることが増えてきました。「台風のせい?」「気圧のせい?」と不思議に思いながら、妊婦健診のときに医師に尋ねてみると「それは耳管開放症では」との答え。自分なりの症状との付き合い方も交えてお伝えする体験談です。

 

続きを読む

まるで水中!? 聞こえ方がおかしい!

聞こえ方が変だ、と初めて思ったのは妊娠5カ月のころでした。長女との散歩中、突然娘の声が聞こえにくくなったのです。

 

自分の声は頭の内側で大きく反響するのですが、外からの音が分厚い壁を隔てたようにしか聞こえません。自分が発する声がどれくらいのボリュームで出ているのかも、よく分かりません。飛行機に乗ったときや新幹線でトンネルを通過するとき、スキューバダイビング中のように耳の奥に違和感があり、自分の呼吸音がはっきり聞こえる状態でした。

 

症状の名称は「耳管開放症」

初めての状態に一瞬混乱したものの、しばらくするとおさまり「気圧の変化のせいかな?」「台風のせいかな?」と考えていました。しかし、それからというもの症状が頻発するようになってしまいました。長時間続くと、なかなかのストレスです。

 

耳鼻科にかかろうかと考え始めたころ、ちょうど妊婦健診があったので尋ねてみると「耳管開放症」と診断されました。妊娠中には起こりやすい状態らしく、出産後もおさまらないようなら耳鼻科を受診するように言われ、今は経過をみるしかないとのことでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。