タオルで簡単に作れた!汚れを防ぐベビーカーの持ち手カバー

2019/02/21 12:00
8
ベビーカーの持ち手部分用のカバーが市販されていると知らず、自分で考えて手作りしたママ。ベビーカーの持ち手を作ろうと思ったきっかけや、作り方、手作りしてみた感想などをご紹介しています。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
ベビー用品
ベビーカー
手作りグッズ

ベビーカーと持ち手カバー

 

購入すると意外と高い、ベビーカーの持ち手カバー。実はハンドタオルでとても簡単に作れます! カバーを付けておくと、ベビーカーの持ち手部分が汚れる心配がなく、とても重宝します。

 

汗が気になったベビーカーの持ち手……

長女が生まれて初めてベビーカーを使ったのですが、夏場ということもあり、ベビーカーを押す手の汗が気になっていました。わが家のコンビのベビーカーは持ち手部分が外せないので、汚れても洗えません。


このままずっと手汗まみれのベビーカーを使い続けていたら、色が変わってしまうし、不衛生かもしれないと思った私は、ベビーカーの持ち手部分のカバーを自作することにしたのです。

 

ベビーカーの持ち手カバーの作り方

ベビーカー持ち手カバーのボタン

用意するものは、ベビーカーの持ち手を覆えるくらいの大きさのハンドタオルを2枚(またはフェイスタオルを半分に切って2枚にしたもの)、100均でも購入できる手芸用のマグネットボタン4ペアです。


作り方は、まずマグネットボタンの凹になっているほうを、タオルの端に縫い付けます。そして、マグネットボタンの凸になっているほうを、ベビーカーの持ち手の太さに合わせた位置に縫い付けるだけです。


気をつけることは、ボタンの凹凸の方向を間違えず、合うように縫うことだけなので、簡単に作ることができます。


作ってみた感想

作った当時は、ベビーカーの持ち手カバーが売られていることを知りませんでした。知っていれば買っていたかもしれませんが、簡単に作れるので作ってよかったなと思っています。


子ども連れのイベントなどに行って、ベビーカーを畳んで置いておかなくてはならないときも、自分が作ったカバーが目印に! 同じ種類のベビーカーがたくさんあってもすぐに自分のベビーカーを見つけることができました。子どもも自分のベビーカーはこのカバーがついているものだと認識してくれているようで、「うちのベビーカー、あったよ!」と教えてくれるようになりました。

 

 

2セットくらい作ると夏場は使い回しができるので、衛生的に保てて便利です。作ってからは手汗でベビーカーの持ち手が汚れる心配もなくなりました。安くて簡単に、わが家だけのオリジナル持ち手カバーを作れてよかったと思っています。


著者:堀ちなつ

0歳と2歳の姉妹のママ。歯科技工士・歯科助手として歯科関係の仕事を経験。現在は妊娠出産・子育てのジャンルを中心にライター活動をしている。


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。