グッズ 調理グッズ

離乳食の下ごしらえが激的ラクに!うちの時短グッズは「ザル」でした!

離乳食づくりで使うザルのイメージ

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、「ザル」を使うことで離乳食づくりがラクになったママの体験談をご紹介します。

 

赤ちゃんの食べる量や種類が増えてきた生後9カ月ごろ、慣れないお世話をしながら隙間時間におこなう毎日の離乳食作りに時間がかかってしまうことが悩みでした。そこで、あるグッズを使うことで下ごしらえの時間をいつもよりも短く済ませることができたので、ご紹介します!

 

続きを読む

離乳食は加熱が基本

9~11カ月ごろ(離乳食後期)の離乳食となり、今後わが子を保育園に預けることを視野に入れ、食べられる物の種類を増やしておきたいと考えた私。アレルギー反応の様子が見られるように、新しい食べ物は小児科の開いている平日昼間に食べさせて様子を見ていました。

 

しかし離乳食が3回食になり、おかゆだけではなく野菜やたんぱく質もあげるようになると、それぞれをちょうど良い柔らかさにゆでることにやや時間がかかってしまうのが悩みでした。

 

ひとつの鍋で効率よく

離乳食づくりでザルを使っている光景

 

それまでは数種類の野菜を同じ鍋で同時に茹でて、柔らかくなったものから順番に1つずつ引き上げるようにしていました。しかしそれでは時間がかかってしまうため、ラーメン屋さんにあるような鍋のふちにひっかけられるザルを購入。野菜ごとにザルを分け、茹であがったものから素早く取り出すことができるようになりました。2つ購入したので、1回に3種類の野菜を茹でることができます。アレルギーの心配がある食材は、すべて取り出したあとに茹でることで、他の食材への接触も避けることができました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。