新生児に必要なものって何?私が買ってよかったと感じたものはコレ!

2019/01/16 22:00
33
この記事では、「短肌着+コンビ肌着」「お湯でコットンおしり拭き」など、ママが新生児期に買ってよかったと感じたものを紹介しています。

新生児

 

新生児に必要なものは、産院で教えてもらうほかにも、赤ちゃん用品店のパンフレットなどでも情報を得ることができます。でも、全部そろえるにはお金がかかるうえに、果たして必要かどうかわからない……。そこで今回は、筆者が実際に購入してよかったものを紹介します。

 

使いやすかったのは「短肌着+コンビ肌着」

コンビ肌着

 

新生児の肌着で必要なものは、季節関係なく、短肌着・長肌着またはコンビ肌着です。私が使いやすいと感じたものは、短肌着+コンビ肌着でした。長肌着はズレやすいため、股下でとめることのできるコンビ下着のほうが安心だと感じました。その上にドレスオールを着せて過ごしていましたよ。そのため、私の場合は事前に購入していた長肌着はほとんど使いませんでした。

 

新生児期は体の成長も著しいため、肌着の買いすぎには注意してください。必要最低限のものをそろえておき、足りなかったときに買い足すほうがおすすめです。

 

新生児にピッタリ! コンビの「お湯でコットンおしりふき」

授乳・衛生用品関連のグッズで購入してよかったと感じたものは、コンビの「お湯でコットンおしりふき」です。おむつ替えの際に、ヒーターによって適温に温められたお湯でコットンを湿らせて、おしりふきとして使用するアイテムです。肌にやさしいコットンは、肌の敏感な新生児にピッタリだと感じました。

 

また、沐浴の際は、洗い流さずに済むタイプの沐浴剤を使用しました。沐浴剤を洗い流すためにお湯を入れ替えたりする手間がなく、本当に便利でした。また、沐浴後のタオルとして購入したフード付きタオルは、頭まですっぽりとタオルに包んで抱えることができ、手早く拭くことができて便利でした。


そのほかに購入してよかったもの

ベビーベッドで赤ちゃんをあやすママ

 

そのほかに、購入してよかったと感じたものは、高さが調節できるタイプのベビーベッドです。自分のベッドとベビーベッドを同じ高さに調整できたので、夜中の授乳やおむつ替えの際も、ベビーベッドの柵の上げ下ろしの必要がなく、自分が起き上がるだけで対応できました。

 

もうひとつは、ポットタイプの加湿器です。ポット式なので洗うのも簡単! 湯沸かしポット用の洗浄剤が使えるので、清潔に保つための手間が少なく助かりました。

 

 

新生児のお世話や快適に過ごすための環境づくりに必要なものは、あげればキリがありません。“必要最低限”を購入し、赤ちゃんとの生活が始まってからネットショッピングなどを利用して買い足すことで、不要なものを購入しなくて済みました。


著者:吉井ゆみ

子育て中のママ。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。


この記事にいいね!しよう

いいね!
33

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。