読めばラクになる!ママはテキトーな方がいい?マンガでわかる子育て本

2019/03/03 20:00
3
赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は育児がラクになる本のご紹介です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
マンガ

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は育児がラクになる本のご紹介です。

 

毎日の赤ちゃんのお世話は思っていた以上に大変と感じるママもいると思います。そんな忙しく頑張っているママがちょっとラクになれる本『子どもが伸びる がんばらない子育て』(フォレスト出版)をご紹介。知ってましたか? 実はママはテキトーな方がいいってことが科学的に証明されているんだそうです。

 

早期英才教育は無意味だった!?

子育て教室を主宰し、10年間で4,000人のママの相談にのってきたこの本の著者であり、心理学博士山本ユキコさん。ご自身も2児の母親として、仕事も育児もと奮闘した経験があり、そんな自身の経験をもとに、いかにママが「がんばらない」方が、子どもにいい影響を与えられるのかを書いたのが『子どもが伸びる がんばらない子育て』なのです。

 

子育ては、あらゆる予定がくつがえされていくキャンセル地獄。それまで仕事もプライベートも懸命に取り組んできた山本さんは、「子育てもがんばらなきゃいけない」と努力しましたが、まったくうまくいかず、いつもイライラして夫に気持ちをぶつけていたそう。

 

そこで山本さんは、何とかラクになれる方法はないかと、子育ての本を読んだり、発達や遺伝の研究や育児に関するデータを見たりしました。すると学問の世界では「子育て中の母親はイライラして当たり前」「完璧は目指さずにがんばらない方がむしろよい」と言われていることがわかったのです。なかでも、「早期英才教育は無意味」と乳幼児発達の専門家に言われたことは衝撃だったそうです。

 

マンガだから読みやすくてわかりやすい!

子育ての世界にはさまざまな情報が錯綜しています。「子どもを怒ったらトラウマになる?」「イライラする私は母親失格?」「ワクチンは打たない方がいい?」など、結論を出しにくいトピックが山積みです。

 

この本では、心理学博士の山本さんが、最新の研究結果を引用し、ひとつひとつ丁寧に、ママやパパの疑問に答えていきます。また、忙しいママやパパのために、漫画を読むだけでも、大まかな内容は把握できるようになっています。どんな早期英才教育よりも子どもの可能性を伸ばし、ママもパパも子どもも幸せになる「がんばらない子育て」を始めてみましょう。


保育園が始まるママにうれしいプレゼントも

書籍購入者には、4月から保育園がスタートするママにとってはうれしいプレゼントを無料で実施中。家事分担チェックリストは入園前にぜひやってみましょう。

 

<プレゼント内容>

【1】がんばりすぎてない?家事・育児分担チェックリスト(PDFファイル)

子育てはひとりでするものではなく、チーム戦!ママ、パパ、アウトソーシング……。あなたのご家庭はうまく分担できていますか?チェックリストを見るだけでも、がんばりすぎの自分を客観視できるかもしれません。現状をチェックしてみましょう。

 

【2】著者によるチェックリスト解説動画(動画ファイル)

チェックリストで現状を確認したら、パパや自分以外の人に任せられることが見えてきます。1人でがんばりすぎず、家事・育児を上手くパートナーと分担するための考え方とコツを著者の山本ユキコ氏が動画で解説します!

 

入手方法:巻末ページのご案内にしたがってお客様自身でのお申し込みが必要です。また、プレゼントのご提供は、サイト上で公開するものであり、冊子・CD・DVDなどをお送りするものではありません。

 

 

ママたちの育児がラクになるためには、1人で頑張りすぎずに子育てチームをうまく作ること。それこそが、子どもにとっても一番いい教育なのかもしれませんね。

 

著者

ライター サトウヨシコ


大学卒業後、大手食品会社に勤務。未経験から編集者を目指し転職。その後、結婚と出産を経て妊娠・育児雑誌のディレクターに。WEBメディアの新規事業立ち上げをし、2017年に株式会社フラミンゴミンゴを設立し、現在は数々のメディアに携わっている。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード