生後2カ月、1日の過ごし方と成長ポイント【ママ助産師の初めて育児】

2019/03/11 21:30
4
助産師の新米ママ、宮川めぐみさんが、ご自身の初めての育児の様子や赤ちゃんの成長を公開記録! 今月は、生後2カ月の赤ちゃんと生活の様子を紹介しています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
発達・発育
スキンケア

2カ月の赤ちゃん

 

ベビーカレンダーの「助産師に相談」コーナーでおなじみ、宮川めぐみさんが2018年12月に長女を出産! 助産師の子育てって、どんな感じ? 育児のコツをのぞかせてもらいました! 毎月こっちゃんの1日の様子や成長をご紹介します。

 

生後2カ月、こっちゃんの1日

4:50 おまるでおしっこ、授乳

夜間は紙おむつにしていますが、何も出ていないことが増えました。そうすると、おまるでおしっこやうんちが成功します!

 

7:30 おまるでおしっことうんち、授乳、起床

「朝が来たよ~1日が始まったよ~」という合図になるよう、毎日まず顔を拭いてあげて、お着替えをします。

 

8:30 グズグズして抱っことおっぱいを繰り返し

 

10:00 お出かけ

スリングにいる赤ちゃん

 

生後1カ月のころはスリングに入ると寝ていることが多かったのですが、最近はキョロキョロと周りの様子を見ていることが多くなりました。

 

11:00 助産院の赤ちゃん会に参加

ここでもご機嫌で起きていて、周りのお友達の様子を伺っているような感じ。とても良い刺激になっているなと思います。

 

13:00 赤ちゃん会終了

帰りはスリングの中でねんね。

 

14:30 帰宅して、おむつ交換、授乳

笑顔の赤ちゃん

 

おしゃべりしたり、遊んだり。歌いながらあやしてあげると、よく笑ってくれます。手足をバタバタと動かすことも多くなりました。

 

16:00 授乳、うとうと、おむつ交換

 

17:00 おむつ交換、授乳、ねんね

洗濯物の片付けや夕食の準備をしつつ、できるときに仕事(ベビーカレンダーの「助産師に相談コーナー」)もしています。こっちゃんが寝ているときはそのまま。起きていてご機嫌なときは、横に寝転がってもらいながらパソコンに向かっています。

ぐずっているときは、パパがあやしてくれていることも。状況を見て、仕事を切り上げます。1日2~3時間できるかな…という感じです。

 

19:00 おむつ交換、授乳

パパとママはだいたいこのくらいの時間に夕食をとります。

 

19:30 お風呂

お風呂後のケア

 

先月は乳児湿疹のケア方法を探っていましたが、最近その方法が定まってきました! ラベンダーのフローラルウォーターと全身に塗れるミツロウのバームをお風呂上がりに塗り、寝る前や乾燥の程度によってその上からワセリンを塗っています。ケアのおかげで、湿疹がだいぶ落ち着いてきました!

 

20:00 授乳、ねんね

 

23:00 授乳、ねんね

ママも一緒に就寝。夜間は授乳間隔が空くようになったので、その分一緒に休めるように。先月に比べると少しラクになりました。

 

生後2カ月、今月の様子メモ

身長/体重

60cm / 5.1kg

 

服のサイズ 

50~60cm

 

おむつのサイズ

Sサイズ(日中は布おむつを使用、夜間のみ紙おむつ)

 

睡眠・お昼寝の時間

お昼寝をする時間は短くなってきました。

1時間ぐらいのお昼寝を1日に何回かします。時間は日によってさまざま。

夜間は4~5時間ほど、まとめて寝てくれます。

 

授乳回数

母乳で10回前後

 

おしっこの回数

10回前後

 

うんちの回数

510回

 

今月できるようになったこと・変化

・おしゃべりが増えた

・声かけに反応して笑うようになった

・夜間の授乳・排泄の間隔が空くようになった


生後2カ月の時期を振り返って

寒さが和らぎ、お出かけできる日・時間が増えてきました。お散歩中はスリングの中から周りの様子をキョロキョロと観察しているようですし、赤ちゃん会などに行っても周りのお友達を気にしたりと、赤ちゃんながら少しずつその世界を広げていっているような感覚。表情も先月とは全然違って、こっちゃんの成長を感じます。

 

また、一進一退ではありながらも顔の湿疹が落ち着いてきたのは嬉しいニュース。試行錯誤していたケアの方法も、こっちゃんに一番合う方法として定まってきました。

 

そしてわたしの大きな変化といえば、仕事を少しずつ再開し始めたこと。引き続き、ベビーカレンダーの「助産師に相談」コーナーを担当させていただいています。産後仕事を再開し、やはりママさんたちはすごいなぁと改めて思いました。その分何か少しでもお手伝いができたら…とより感じるようになりました。

 

しかし、目の前にいるわが子を見ながら仕事をしていることに、複雑な気持ちになることもあります。同じようにお仕事をしながら頑張っているお母さんもたくさんいらっしゃると思うので、わたしもわたしのやり方を、こっちゃんと過ごしながら見つけていけたらと思っています。

 

監修者

助産師 宮川めぐみ

特定非営利活動法人だっことおんぶの研究所認定 ベビーウェアリングコンシェルジュ


2001年京都第二赤十字看護専門学校卒業、2002年国立病院東京医療センター附属東が丘看護助産学校助産学科卒業。産科病棟にて約12年間助産師として勤務し、多くの妊産婦、褥婦、新生児のケアに関わる。2013年に退職後パリで数カ月過ごし、自分自身と向き合う。大切にしていきたいことなどに気づいて「lier」を立ち上げ、個人の活動を開始する。現在、東京23区内で新生児訪問、母乳育児相談を中心に母子のケアに携わる。

*ベビーウェアリングコンシェルジュとは、親子ともに安全で快適な抱っこやおんぶを指導します。素手だけでなく、各種道具(子守帯)を使っても実現できるように指導できる技術を有しており、専門の教育を受けた者です。世界中には60以上のベビーウェアリング・スクールが開設されています。日本ではだっことおんぶの研究所が主催する養成講座のみがベビーウェアリング・スクールとしてカウントされています。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード