医療 体験談 先天異常

生後3日、聴力検査をパスできず難聴外来を受診して【ママの体験談】

赤ちゃんの難聴のイメージ

 

筆者は、3歳の長男、1歳の長女、0歳の次男の三きょうだいの育児に奮闘している33歳の母です。次男は生まれつき、耳の形が小さい耳介形成不全と診断されています。生後3日目に産院でおこなった聴力検査をパスすることができず、大学病院で聴力の再検査をすることとなりました。

 

続きを読む

産院から大学病院へ

産院で形成不全と診断された右耳の聴力検査をおこないましたが、生後3日、5日、3週間で3回リファー(再検査)となったため、精密検査のできる病院を紹介してもらいました。問題なく検査が終わることを願っていただけに、私と夫は不安でいっぱいになりながら説明を受けました。

 

1カ月健診で精密検査をする病院を選択し、紹介状を書いてもらいました。聴力に問題があるかもしれないとの診断を受けてから約1カ月の間でしたが、もどかしい気持ちでいっぱいでした。

 

大学病院での診察開始

次男が生後2カ月のころ、大学病院での初診の日が訪れました。ようやく聴力について確認できると思っていたのですが、この日は「難聴外来」の予約と簡単な問診のみでした。耳の中を器具を使ってみてもらったところ、外耳道が狭く、鼓膜があるかどうかもわからないとのことでした。

 

医師から言われたのは、「両親が必要以上に心配すると子どもに伝わるから、あまり深く悩まないように」とのアドバイスでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。