マンガ 体験談 マンガ はたこ

「このへんでヨロシク!」子作り予定日を夫に伝えたら【はたこのニンプあるある日記1】

16

こんにちは! はたこと申します。

2017年11月生まれの男の子を育児中のぐうたら主婦です。私の妊娠、出産での思い出を紹介する連載マンガ「はたこのニンプあるある日記」。

 

第1話は、私の妊活についてのお話です。


旦那さんと結婚、会社を退職し、子どもが欲しいな~と思った私は、今までやんわりとしか知識がなかった“妊娠”について、ちゃんと知ろう!と思いました。

 

はたこ1-1

 

まずは本屋さんで、わかりやすそうな妊活本を購入。
基本的な妊娠のしくみから、どのタイミングで赤ちゃんができるのか、お恥ずかしながら意外と知らないことだらけ……。

 

はたこ1-2

 

しくみがわかったところで、いざ、自分の排卵日を確認!
これまで記録アプリでつけていた生理周期から排卵日を予測したり、基礎体温を測って妊活アプリで管理してみたりしました。

 

はたこ1-3

はたこ1-4

 

お互い、そろそろ子どもが欲しいね~とは言っていたので、

旦那さんも子作りには積極的。

まずは彼にも妊娠のしくみを理解してもらいました。

 

はたこ1-5

 

妊娠しやすい時期がわかるのは、私の体調次第。
旦那さんも「時期がわかったら、ちゃんと教えてくれたほうがいいな」と言ってくれたので、「このあたりでよろしくね!」と気軽にお願いすることができました。

 

お互いに理解を深めて、2人の気持ちを合わせられたことが、大切な一歩だったように思います。

 

妊娠が判明したのは、その約2カ月後のことでした。

 


監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター はたこ


2017年11月生まれの男の子を育てるぐうたら主婦クリエーター。InstagramやTwitterで育児絵日記を気まぐれに更新中。LINEスタンプなどもちまちま制作。    


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。