「明日の仕事に支障が出るでしょ?」陣痛中も仕事で頭がいっぱいで…【ママは仕事中毒6】

ママは仕事中毒6話。最後は出産当日のお話です。陣痛が始まりましたが、あまり早く病院に行っても子宮口が3cm開くまでが長いと聞いていたので、ギリギリまで家で粘りました。仕事が好きなわけではないはずなのに、仕事まみれになっている仕事中毒の母ジェニィさん。妊娠して出産するまで、その仕事ぶりが変わらなかった働く妊婦マンガを全6話でお届けします。

ベビーカレンダーをご覧のみなさん、こんにちは。
東京のすみっこでワーママをしております、ジェニィです。

 

最後は出産当日のお話です。陣痛が始まりましたが、あまり早く病院に行っても子宮口が3cm開くまでが長いと聞いていたので、ギリギリまで家で粘りました。

陣痛真っ最中も仕事の心配

陣痛真っ最中も仕事の心配

陣痛真っ最中も仕事の心配

陣痛真っ最中も仕事の心配

 

 

 

朝4時にギブアップしたのですが、なんと6cmまで開いていたそうです。(ちょっと頑張りすぎました)

 

人は寝不足になると仕事の効率が著しく落ちてしまうので、夫に徹夜させてしまうと夫の仕事が進まず、同じ職場の人に迷惑をかけるかもしれないからそれは避けねば!と思いながら痛みに耐えていました。

 

あとから冷静に考えると、仕事<<(越えられない壁)<<出産のはずだから、
別に耐えなくてもよかったのでは?と思います。

 

ちなみに出産は朝の10時ごろだったのですが、
一通り見届けてから夫はそそくさと仕事に行きました。

 

夫は私が入院中に自分の仕事の引継ぎを頑張ってくれたようで、
退院当日から夫の育休が開始できるように調整してくれました。
ありがたい話です。

 

夫が育休に入ってくれたおかげもあって、
0歳の大変な時期を2人で協力して乗り切ることができました。

 

育休中は、各種申請・家事・育児でやらなければならないことを洗い出してTodoリストを作り、掃除などの定例タスクはスケジューラーに登録してこなすという生活をしていたため、育休はお休みというより一時的な転職だったなと感じています。

 

今は私も夫もフルタイム勤務で復職していますが、
毎週日曜に夫と翌週のお迎え当番検討会議を開催しています。

 

仕事状況によっては週4でお迎え当番という週もありますが、
忙しさに波があるのはお互いに承知しているので、
「忙しいときはお互いさま」を合言葉に、
お迎えの日に帰る分、働く日はがっつり働くことでなんとか両立しています。

 

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。
働くパパ・ママのみなさま、お互い頑張っていきましょう。


監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレータージェニィ

    2017年生まれの男の子を育児中の絵日記ブロガー。仕事が好きなわけではないはずなのに、なぜか仕事にまみれている仕事中毒の母。保育園のお迎えに間に合わせるために毎日必死!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶