ゆったり快適に過ごせる♪ママに人気の「マタニティワンピース」はコレ!

2020/01/05 14:30
3

マタニティワンピース

 

妊娠週数が進むにつれ、どんどん大きくなるおなかでもラクに着られる服といえばワンピース。普段着として着やすいだけではなく、妊婦検診のときもなにかと便利です。かわいいだけじゃない、妊婦さんから産後のママまで使える機能的な「マタニティワンピース」をご紹介します。

 

普通のワンピースと何が違うの?

マタニティワンピースとは主に、おなかが大きくなり始める人が多い妊娠5〜7カ月ごろから着られるよう、素材が柔らかくシルエットも大きめになっているワンピースのこと。

 

大きくなってきたおなかでもゆったり着られるように伸縮性があり、肌触りの良い素材でできているものが多いのも特徴です。おなかが大きくなってきて前だけずり上がってきた!なんてことがないように丈が長めに作られているものがほとんどなので、妊娠後期まで安心して着ることができます。

 

「マタニティワンピース」にも種類はあるの?

マタニティワンピースにも、通常のワンピースと同様にたくさんの種類があります。

 

マキシ丈のものやミモレ丈のもの。リラックスしたいときに着られるTシャツワンピもあれば、オフィスなどに着ていけるようなきれいめワンピ、冠婚葬祭のためのフォーマルワンピもあります。また、妊娠中だけではなく、産後も使えるように授乳口が付いた機能的なものもあります。授乳期まで長く使えるのはうれしいですね。

 

最近ではネットショップなどでも、トレンドを押さえたおしゃれなマタニティワンピースがたくさん販売されているので、自分の好みに合ったものを探してみましょう。

 

選ぶときのポイントは?

妊娠中は、体調によって普段着ている服が窮屈に感じられることもあるので、選ぶときは、リラックスできる素材のものがおすすめ。そして、裾がまとわりついて転んでしまうような危険がない丈・デザインのものを選ぶことも大切です。

 

どんなシーンで着るのかによって、動きやすさなども重要なポイントになります。例えば家事をするときなどは、汚れたら洗濯しやすいワンピースを選ぶと良いですね。よく歩く予定がある日には、裾が広がったものや、裾にスリットが入ったものなど足さばきの良いワンピースが動きやすくて◎。

 

ほかにも、家でのリラックスタイムはTシャツワンピを着たり、旦那さんとのデートのときは女性らしいマキシ丈やデザイン性の高いワンピースをチョイスしたり、仕事で着るものはかっちりめのデザインを選んだり……。自分の生活スタイルに合わせたものを何着か用意しておくことで、マタニティファッションをより楽しめますね。

 

産前・産後でも使える!マタニティワンピース3選

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。 ※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)