使いやすくて長く使用できる人気の「ベビーマグ」3選

14
赤ちゃんが哺乳びん以外のもので水分補給できるよう練習するには、ベビーマグがおすすめです。ストローやコップ飲みの練習ができるコップで、幼児期まで長く使えるものもあります。使いやすいものを選べるように、使い方や選び方、おすすめのベビーマグをご紹介します。

ベビーマグ

 

離乳食がスタートして、赤ちゃんにお茶や水をあげるときに便利なのがベビーマグです。ストローやコップ飲みの練習になり、外出先でも使えるようにこぼれない構造になっているものもあります。子どもの水分補給に便利なベビーマグの使い方やおすすめ商品をご紹介していきます。

 

ベビーマグは赤ちゃんのことを考えた飲みやすいコップ

ベビーマグとは、赤ちゃんがストローやコップを使って飲むことを覚えられるように造られているコップです。離乳食が始まるころになると、哺乳びんやおっぱい以外から水分を摂る必要があります。

 

そのとき、普通のコップよりも飲みやすいベビーマグを準備するのがおすすめです。ベビーマグは赤ちゃんのことを考えて造られており、ストローやフタがシリコン製で口にやさしい素材でできていたり、コップの飲み口から中身がこぼれにくくなっていたりするものなどがあります。赤ちゃんから幼児までと長く使えるように飲み口が変えられるものもあるので、赤ちゃんの月齢に合わせたものや長く使えるものを購入するのが良いですね。ベビーマグは離乳食を始めるころに使い始めることが多いので、離乳食用の食器などと一緒に準備すれば良いでしょう。

 

さまざまなタイプがあるのでそれぞれの特長を知ろう

ベビーマグといっても、スパウトタイプ・ストロータイプ・カップタイプとさまざまな種類があります。スパウトタイプは太めのストローのようなものの先に小さな穴が開いていて、マグを傾ければ中身が口の中に入ってくるものです。吸わなくても出てくるので自分でマグを傾けたり戻したりと、赤ちゃんが哺乳びん以外のものから水分を摂る練習に向いています。

 

ストロータイプはコップにストローとフタがついていて、自分でストローを吸って飲むものです。スパウトタイプと違うのは吸引力が必要なところです。哺乳びんやおっぱいも吸引力が必要ですが、ストローとは舌の動きが異なります。そのため、ストロー飲みができるようにと練習させるものです。

 

カップタイプはフタ付きのカップに穴が開いている造りで、コップで水を飲むように口をカップにつけて自分で傾きを調整しながら飲む練習ができるものです。同じタイプのものでもメーカーによって使い始められる月齢が違うので、赤ちゃんの月齢に合ったものを購入しましょう。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。