赤ちゃんの小さな歯も磨きやすい!「ベビー歯ブラシ」3選

14
赤ちゃんの小さな歯でも磨きやすいのがベビー歯ブラシです。奥歯まできちんと磨けて口の中を傷つけないようにできており、安全な構造になっています。さまざまな種類がありますが、使いやすいものを選べるように選び方やおすすめの商品をご紹介します。

ベビー歯ブラシ

 

生後6カ月ごろになると歯が生え始め、離乳食もスタートし歯磨きデビューをさせる時期でもあります。でも赤ちゃん用の歯ブラシは種類が多く、どれを選べば良いかと悩んでしまうことも。そこで今回はベビー歯ブラシの選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。

 

赤ちゃんのことを考えた小さなヘッド&柔らかブラシ

ベビー歯ブラシは、赤ちゃんの小さな歯でも磨きやすいような構造になっており、歯ブラシのヘッドが小さくなっていたり、毛先が細くて柔らかくできているものが売られています。そのためママやパパが仕上げ磨きをする際も、歯茎を傷つけずに奥歯までしっかり磨きやすいと感じられるでしょう。

 

赤ちゃんが自分で磨いても喉を突いてしまわないようにストッパーがついていたり、どの角度で磨いても歯に毛先があたるよう全面に毛がついているものなどもあり、自分で歯磨きをしたいという赤ちゃんにも安心して歯ブラシを渡せますね。ベビー歯ブラシは歯が生えてきたら使い始めるものなので、生後6カ月ごろの歯が生え始める時期に合わせて準備すれば良いでしょう。

 

自分で磨く用と仕上げ磨き用を準備するのがおすすめ

ベビー歯ブラシはヘッドが小さいものや毛先が柔らかいものが多いですが、持ち手の部分が商品によって違います。赤ちゃんが握りやすいようなグリップになっていたり、ママやパパが仕上げ磨きをするときに持ちやすいような形になっていたりとさまざまな種類があります。赤ちゃんが自分で磨く用の歯ブラシと仕上げ磨き用の歯ブラシ、2種類準備するのも良いですね。

 

まずは歯ブラシに慣れるために使いやすいものを選ぼう

最初は歯ブラシを口に入れることに慣れる程度と考えて、月齢に合ったものや使いやすく安全なものを選ぶのがおすすめです。ヘッドが小さくて奥歯まで磨きやすそうなもの、子どもが気に入るデザインのもの、子どもも大人も使いやすい持ち手のものが良いですね。歯ブラシに慣れていない赤ちゃんは、ブラシ部分を噛んで毛先が潰れてしまいやすいので、自分で磨く用と仕上げ磨き用を分けて用意するのがおすすめです。

 

ベビー歯ブラシのおすすめ商品3選

ベビー歯ブラシは、赤ちゃんの小さな歯を磨きやすいようにできています。毎日使うものなので赤ちゃんにとってもママやパパにとっても、使いやすいものを選んで楽しくきれいに歯を磨きたいですね!

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。歯磨きをしている際はお子様の転倒にご注意ください。お子さまが歯磨きしている間はそばで見守るようにしましょう。

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。 ※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。