ベルトタイプ?前掛けタイプ?便利な「抱っこひも用よだれカバー」3選

2020/01/31 17:00
1
赤ちゃんを抱っこひもで抱っこしていたら、服や抱っこひもが赤ちゃんのよだれでべったり濡れてしまった!ということ、ありますよね。そんなときに役立つのが、抱っこひも用よだれカバーです。種類別の特長や、素敵な抱っこひも用よだれカバーをご紹介。赤ちゃんのよだれで困っているママにおすすめしたいアイテムです。

よだれカバー

 

よだれが多い赤ちゃんは、いろんなものがよだれでべったりになることもしばしば。抱っこひもや赤ちゃんの口元に当たっていた服がよだれで濡れてしまった経験のあるママも多いのでは。抱っこひも用よだれカバーは、抱っこひもや服をよだれで濡れたり汚れたりするのを防いでくれるアイテムです。どうやって使うのか、どう便利なのかをお伝えしつつ、おすすめの商品もご紹介します。

 

抱っこひも用よだれカバーとは?

抱っこひも用よだれカバーとは、ワンタッチで抱っこひもに装着できて、よだれが付くのを防いでくれるアイテムです。簡単に脱着できるので、汚れたらすぐに洗濯することができて衛生的。

 

また、赤ちゃんの顔周りなど直接触れる部分を、オーガニックコットンやガーゼなど安心な素材にすることができるので、敏感な赤ちゃんの肌にもおすすめ。デザイン性が高いものも多いので、抱っこひもをいくつも買い変えることは難しくても、抱っこひも用よだれカバーなら、気分やママのお洋服に合わせて手軽に変えることができます。

 

抱っこひも用よだれカバーの種類

形状としては主に2つあります。まず、ショルダーベルトに巻きつけてスナップボタンなどで装着するベルトタイプ。そして、カバーを肩ひもの間に渡して装着する前掛けタイプです。

 

ベルトタイプは、主にショルダーベルトをカバーするので、ショルダーベルトをよくもぐもぐしてしまう赤ちゃんの場合は、ベルトタイプがおすすめです。

 

前掛けタイプはママの胸元までカバーできるので、服によだれが付くことが多いママにおすすめ。また、よだれを防ぐだけではなくボタンやチャックなど服の出っ張った部分をカバーし、赤ちゃんに直接触れないように保護する役割も担うことができ、ママの服装によっても活躍の機会がありそうですね。

 

抱っこひも用よだれカバーを選ぶときのポイント

赤ちゃんの肌に直接触れるので、素材はタオルやガーゼなど吸水性がよく、やわらかい肌触りのものが良いでしょう。また先に述べたように、赤ちゃんのよだれが付きやすい場所によって、ベルトタイプか前掛けタイプかを選ぶとぴったりのものが見つかりそうです。

 

汚れたらこまめに洗濯をして清潔を保ちたいので、洗濯機で気軽に洗えるものが便利です。ガーゼは吸水性が良いだけでなく、ほつれにくい素材なので赤ちゃんが口に入れても安心ですし、洗濯もしやすいです。

 

そして、装着部分が赤ちゃんの顔周りと目立つ部分なので、ママのお気に入りの柄など選ぶと、お出かけがより一層楽しくなりそうですね。

 

先輩ママに人気の抱っこひも用よだれカバー3選

抱っこひも用よだれカバーは、頻繁に洗濯しづらい抱っこひもを赤ちゃんのよだれから守ってくれる便利なアイテムです。こまめに交換して洗濯できるので、抱っこひもを衛生的に使うことができます。最近はさまざまなデザインがあり、とってもおしゃれ。お気に入りのよだれカバーを着けて、赤ちゃんとのお出かけを楽しみたいですね。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。

※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。



この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。