メリットいっぱい♪ あると役立つ「沐浴布」の人気商品3選!

2020/01/15 11:00
0
赤ちゃんを沐浴させるときに使う沐浴布は、ママやパパが沐浴しやすくなったり赤ちゃんに安心感を与えられたりとさまざまなメリットがあります。必ず必要なものではないですが、あると役立つ沐浴布の使い方やおすすめの商品、代用できるものなどをご紹介します。

沐浴布

 

赤ちゃんを沐浴させるときに使う沐浴布は、ママやパパにとっては沐浴をさせやすくするアイテムで、赤ちゃんにとっては安心感が得られたり冷えにくくなったりと使うと良い点がいくつかあります。今回はそんな沐浴布について使い方やおすすめ商品をご紹介していきます。

 

沐浴布は赤ちゃんに安心感を与えられるもの

沐浴布とは赤ちゃんを沐浴させるときに使う大きめのガーゼのこと。沐浴の際にママやパパの手に布をかけてから赤ちゃんを乗せることで滑り止めになったり、ベビーソープを洗い流したりするのに役立ちます。

 

さらに、沐浴布は大きめの布なので赤ちゃんを全体的に包み込むことができ、赤ちゃんに安心感を与えられ、沐浴中も大人しくお湯に浸かってもらうための便利なアイテムとも言えます。頭を洗っているときなどは赤ちゃんの体に沐浴布をかけておけば、赤ちゃんの冷え予防にもなります。

 

出産後退院したら家で赤ちゃんを沐浴させるときに使うものなので、沐浴布を準備する場合は出産前にベビーバスなどの沐浴グッズと一緒に準備しておくのがおすすめです。
 

ガーゼや薄手のタオルで代用しても!

沐浴布は大きめのガーゼのようなものなので、ガーゼやタオルでも代用が可能です。使用期間が短いため準備する必要性を感じられない場合は、小さなガーゼを沐浴布として代用しても良いですね。タオルでも代用が可能ですが、タオルを選ぶ際は注意が必要です。沐浴中に赤ちゃんの体へかけるため、薄手で吸水性がありながら水を吸っても重くならないものを選びましょう。

 

沐浴布はガーゼと同じ綿でできているものが多いので、肌触りが良く吸水性が高いのが特徴です。そのため沐浴を卒業したら沐浴布は使用方法を変え、授乳時や離乳食のときにお口のまわりを拭いたり、お昼寝中の汗ふきガーゼとして使ったりすることもできますよ。


沐浴布のおすすめ商品3選

沐浴布は代用も可能なため必ず準備が必要なアイテムではないですが、赤ちゃんに安心感を与えられるなど使うメリットはたくさんあります。使い方や役割を知り、沐浴布や代用できるものを準備して赤ちゃんの沐浴を楽しみましょう!

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。

※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。



この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。