ママも赤ちゃんもストレスフリー♪ 便利な「授乳ストラップ」はコレ!

5

授乳ストラップ

 

赤ちゃんに授乳をする上で便利な授乳ストラップですが、どんなときに使うか想像がつかないママもいるかもしれません。授乳ストラップは授乳にまだ慣れない出産直後は特にとても便利なアイテムなんです。授乳ストラップの特長やママおすすめの授乳ストラップを紹介します。

 

授乳ストラップとは?いつ使う?

授乳ストラップとは、母乳をあげるときにめくり上げたママの洋服が赤ちゃんの顔にかからないよう固定するためのアイテムです。

 

前開きの形でないTシャツやセーターを着て授乳をするときは、胸を出すためにママの洋服を胸の上までまくり上げなければなりません。しかし、まくり上げた洋服がずり落ちるたびに赤ちゃんの顔にかかってしまったり、目に入ってしまったりすることも。授乳中にずり落ちた洋服を何度も直すのはママにとっても赤ちゃんにとってもストレスです。でも、授乳ストラップを使って洋服を固定すれば、ずり落ちを気にせずに済むので授乳がスムーズになります。

 

授乳ストラップはどんな種類がある?

授乳中に洋服を固定してくれる授乳ストラップには、ストラップ型・シュシュ型と大きく分けて2種類の形があります。

 

ストラップ型は大きな輪っか状で、首に掛けて使用します。普段は洋服の下にネックレスのように掛けておき、授乳するときは洋服を挟むようにして下側に垂らしておいた紐を首にかけます。するとまくり上げられた洋服が首と胸の間で固定され、赤ちゃんの顔にかからないのです。

 

シュシュ型の場合は先に洋服をまくり上げ、洋服の襟の下からスナップボタンを外したシュシュを通し、洋服に引っ掛けるようにしてボタンを止めて洋服を固定します。スナップボタンでなくモチーフにシュシュの輪をひっかけるタイプもあります。

 

ストラップ・シュシュどちらも伸縮性のある素材でできているものが多く、シンプルで目立たないものから、普段はアクセサリーのように使える華やかでかわいいデザインのものまでさまざまです。授乳専用に作られているアイテムでなくても、長い輪っか状のヘアゴムや、くるみボタンやリボン付きのシュシュなどでも洋服を留めることができるので、家にあるヘアアクセサリーで代用しているママもいます。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。