赤ちゃんと密着できる「ベビーラップ」!ママに人気の商品はコレ♪

7

ベビーラップ

 

赤ちゃんを抱っこするときに便利なベビーラップ。新生児期から使えて夫婦で共有して使えるものありますが、ベビーラップを詳しく知らない人も多く、「もっと早く知りたかった!」という声も。

 

今回はベビーラップについて抱っこひもと何が違うのか、使うメリットは何なのか? とベビーラップのさまざまなことをおすすめ商品と共にご紹介していきます。

 

赤ちゃんと密着できて安心感を与えられるベビーラップ

ベビーラップは大きな長い布でできており、ママやパパの体にその布を巻き付けながら赤ちゃんを抱き入れるものです。装着する度に布を巻き付けるので、ママやパパなどいろいろな人の体型に合わせやすく、家族で共有して使えます。

 

装着する際は布を肩や背中など上半身全体で支えるような巻き方をするため、赤ちゃんの重みが全体に分散されて体への負担が少なくなり、肩こりや腰痛を軽減できるともいわれています。毎日のように抱っこをしていると肩や腰に負担がかかりがちなので、ママやパパにとってはうれしいポイントですね。

 

ベビーラップは布で巻きながら赤ちゃんを抱っこするので、ママやパパと赤ちゃんの間には布しかありません。そのため抱っこひもやスリングよりも密着度が高まり、赤ちゃんにより安心感を与えることができます。布を畳めばコンパクトに収納できるので、持ち運びにも便利。抱っこひもは腰ベルトやバックルなど付属品がたくさんついているものが多いですが、ベビーラップはほぼ布生地なので赤ちゃんに金具が当たる心配や、固定する場所が多くて面倒といったことはありません。

 

スリングとベビーラップは似ているものも多いですが、基本的にスリングは片方の肩からたすき掛けのようにした布に赤ちゃんを寝かせて抱っこする、ハンモックのような形になるもののことです。ベビーラップは両肩や背中で支えるため、スリングよりも安定感があり、体への負担が軽減されます。ベビーラップは新生児から使えるものが多いので、出産前に準備しておくのが良いですね。

 

巻き方や固定方法を知って使いやすいものを選ぼう

ベビーラップは大きな布でできていますが、布だけのもの、リングが付いているもの、腰ベルトが付いているものなど商品によって少しずつ違います。そのため、巻き方や赤ちゃんを固定する方法も異なり、簡単に巻けるものにするのか、リングや腰ベルトでしっかりと固定できるものにするのかなど、ママやパパが使いやすいものを選ぶのが良いでしょう。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。