おむつ替えが楽しくなる!ママに人気の「布おむつカバー・ブルマ」3選

6

布おむつカバーを選ぶときのポイント

布おむつ同様汚れやすいため、洗いやすく、清潔が保たれるもの、通気性の良いものを選ぶと良いでしょう。たいていは綿が思い浮かびますが、そのほかにもウールや竹素材、ポリエステル素材のものがあります。竹と聞くとガサガサしそうなイメージもあるかもしれませんが、綿同様柔らかいです。

 

また、ウールは夏には暑そうと思えるかもしれませんが、通気性が良いので年中使えます。ポリエステル素材のものは乾きやすいというメリットがあります。綿100パーセントのものは通気性が良いですが、濡れたおむつを放置してしまうと服や布団まで濡らしてしまうこともあります。水分は通さず、蒸れにくい「透湿防水布」を使ったカバーもあります。赤ちゃんの肌の様子を見て、じょうずに取り入れると良いでしょう。

 

布おむつは経済的と言われますが、一式を新品でそろえると意外とお金がかかります。挫折する方もいるので、ますはお試しに中古でそろえるのも一つの手です。

 

おすすめの布おむつカバー

布おむつカバーにはいろいろな種類や形があり、カバーを選ぶのも布おむつ育児の楽しみの一つでもあります。また、ネット上に型紙もあるので、時間があれば好きな布地で手作りしてみるのも良いかもしれません。自分と赤ちゃんに合ったおむつカバーで布おむつ育児を楽しんでみてください。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。 ※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。