赤ちゃんがプールに入れるのはいつから?プールに入るときの服装や気を付けること

31

 

赤ちゃんプール

 

赤ちゃんを連れてプールに行きたいけれど、いつからプールに入れるのか、プールではどんなことに気を付けたらよいのか、親も初めてで分からないことだらけ。赤ちゃんと楽しくプールで遊べるように、事前に気を付けることを確認しておきましょう。

 

 

赤ちゃんがプールに入れるのはいつごろから?

赤ちゃんがプールに入れるようになる時期として、「この日から」といった決まりはありません。一般的には、家庭用のビニールプールなら自分で座れるようになる生後7カ月ごろが一つの目安となります。

 

市営プール、レジャー施設などの公共のプールやイベントなどで開設される特設プールは、それぞれの地域や施設によって利用可能な赤ちゃんの基準が異なりますので事前に確認しましょう。

 

 

赤ちゃんをプールに入れるときの服装は?

まだおむつがとれていない赤ちゃんが公共のプールを利用する際には、水遊び専用おむつの上に水着を着せるとよいでしょう。水遊び用のおむつは水を吸っても膨らまず重くならないので、水中でも着用できるおむつです。

 

ただし、ウンチやおしっこが漏れにくいとはいえ、100%漏れないわけではありません。プールに行った際は、こまめなおむつ交換を心がけましょう。ときにプールサイドでオムツ交換をしているお母さんを見かけますが、マナー違反になりますので必ずトイレを利用しましょう。水遊び専用のオムツを着けていても施設によっては一部利用を制限しているなど、赤ちゃんがプールに入れる条件は施設ごとに異なります。事前に必ずチェックしておきましょう。

 

屋外のプールに入るときは紫外線対策としてラッシュガードなどを着用してもよいと思います。また、日差しが強いときは日焼けがひどくなってしまいます。赤ちゃんの肌に合うベビー用の日焼け止めは肌トラブルが起こりにくくなるので、必要に応じて活用するとよいでしょう。
最近では赤ちゃん用のラッシュガードもあり、紫外線対策としてだけでなく、水温の影響を受けにくくすることも期待できます。

 

 

赤ちゃんがプールに入るときに気を付けなければいけないこと

赤ちゃんにとって遊びは欠かすことができません。ですが、プールに関しては赤ちゃんにとって必ず必要な遊びではありません。赤ちゃんをプールに入れる際には、水に入って間隔を楽しむという目的程度にし、以下のことに注意しましょう。

 

水温は32度を目安に

赤ちゃんは、プールに入ることによって体温が急激に下がることがあります。水温が低いプールでは、赤ちゃんが体調を崩してしまう可能性もあるので注意しましょう。もし、プールで遊んでいる最中に赤ちゃんの唇が青くなったり、ブルブルと震えたりする様子があれば、プールから出て水分をふき取り、乾いたタオルで体を温めてください。

 

公共施設の幼児用プールの水温は、一般には大人用の温水プールよりもやや高めで32度ほどに設定されています。家庭でビニールプールに入れるときも、32度を目安にするとよいでしょう。水道から水を出す際に水温を調節しておくか、よく日の当たる場所にビニールプールを設置してから水を張り、しばらく置いて水を温めておきましょう。

 

水深10㎝でも赤ちゃんから目を離さない!

赤ちゃんは危険から身を守るような動きができないため、水の深さがたった10㎝でも溺れることがあります。赤ちゃんをプールで遊ばせるときは、どんなに浅いプールでも、どんなにわずかな時間でも赤ちゃんから目を離さない、そばを離れないことが極めて重要です。

 

また赤ちゃんが大人と一緒に深いプールに入るときは、赤ちゃんを支える大人の目線と赤ちゃんの顔の高さを同じにして、赤ちゃんと大人の体がしっかりと密着するように抱っこし、赤ちゃんの顔が水に浸からないように注意しましょう。

 

赤ちゃんの体調に合わせた利用が重要

赤ちゃんは体調が悪くても口に出して訴えることができません。プールに入る前には体温測定をし、風邪の症状などがないかを必ず確認し、「体調によってプール遊びを見合わせる」といった意識も必要です。

 

発熱や風邪症状がない場合でも、寝不足や食欲がない場合もプールに入るのはやめましょう。そのほか、とびひに感染したときや、感染性の下痢でウンチがゆるいときは周囲の人にうつしてしまう可能性があるのでプールはひかえましょう。無理をして症状が悪化してしまうこともありますので、医師に治ったことを確認してもらってからプールを楽しみましょう。

 

プールの後にはシャワーで感染予防

公共のプールは水質検査が義務づけられ、衛生基準により一定の塩素濃度が保たれているので、「プールの水」を介した感染は稀になったといわれていますが、プールの水ではなく、脱衣所やベンチなどで感染することがあるので、プールから出た後はシャワーで体を洗ってあげましょう。

 

プールでも感染する可能性のあるプール熱(咽頭結膜熱)は高熱(39〜40度)と微熱(およそ37〜38度)を4〜5日繰り返して扁桃腺が腫れたり、喉が痛くなったりします。また、目ヤニ・下痢といった症状が現れることもあります。プール熱の潜伏期間は1週間程度ですので、赤ちゃんがプールに入った時期と症状の現れた時期に関連がありそうなら、プールに行ったことを医師に伝えるとよいでしょう。

 

休憩と水分補給をおこないましょう

プール遊びを楽しんでいても、思った以上に赤ちゃんは疲れてしまいます。赤ちゃんの月齢にもよりますが、5~10分ごとに休憩を入れるようにしましょう。

また、水の中にいるとはいえ赤ちゃんは汗をかきます。脱水や熱中症予防のためにも水分補給を忘れずにおこないましょう。

 

 

まとめ

プールに関しては赤ちゃんにとって必ず必要な遊びではありませんが、赤ちゃんをプールに入れる際には、水に入って間隔を楽しむという目的程度にし、赤ちゃんの体調をみながら、事故防止に十分注意しましょう。マナーなど周囲への配慮もしながら、赤ちゃんと楽しいプールデビューをしてくださいね。

 

 

 

 

◆プールに関するQ&A

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

監修者

医師 松井 潔 先生

小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長


愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医


経歴

1986年 愛媛大学医学部卒業

1986-1988年 神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント

1988-1990年 同神経内科非常勤

1990-1992年 国立精神・神経センター小児神経科レジデント

1992-2005年 神奈川県立こども医療センター新生児科 医長

2005年− 同総合診療科 部長


2018/09/28


この記事にいいね!しよう

いいね!
31

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。