松井 潔 先生の記事

医師

松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
7 クリップ

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。

1986年 愛媛大学医学部卒業

1986-1988年 神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント

1988-1990年 同神経内科非常勤

1990-1992年 国立精神・神経センター小児神経科レジデント

1992-2005年 神奈川県立こども医療センター新生児科 医長

2005年− 同総合診療科 部長

 

■専門領域

小児科

小児神経

新生児

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会

日本小児神経学会

日本周産期新生児医学会

日本てんかん学

基礎知識(97)
ニュース(87)
【医師監修】赤ちゃんの帽子のサイズと選び方 嫌がるときの対処法は?
赤ちゃんの帽子はサイズ選びやどのようなものが良いのかなど、意外とよくわからないというママも多いかと思います。また、せっかく帽子を選んでも、赤ちゃんによっては帽子を嫌がる子もいます。この記事では赤ちゃんのための帽子選びと、帽子を嫌がるときの対処法について説明します。
赤ちゃんの行事は何がある? 正しいおこない方は?
日本では昔から、赤ちゃんが生まれて1歳になるまでの間に、いくつかの伝統的な行事がおこなわれてきました。これらの行事には、それぞれ赤ちゃんの成長をお祝いする意味が込められています。しかし、初めての出産でいつ、何をすればいいかわからないというママとパパも少なくないでしょう。そこで今回は、赤ちゃんに関する行事のそれぞれの意味とやり方、注意事項をまとめました。
【医師監修】赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから? 効果とコツを紹介
絵本の読み聞かせは、赤ちゃんとのコミュニケーションやスキンシップなど大切な役割を果たします。でも、赤ちゃんが低月齢のころは絵本を読んであげても意味がわからないので、効果がないと思っている人もいるかもしれません。そこで今回は読み聞かせを開始する時期やコツについて解説します。
【医師監修】哺乳瓶の消毒はいつまでする?3つの方法と気を付けたいこと
哺乳瓶の消毒が必要な理由や消毒の方法などを小児科医が解説します。赤ちゃんが使う哺乳瓶は、きれいに洗浄して消毒しておく必要があります。しかし、育児や家事に忙しく追われていると、毎回哺乳瓶を消毒するのを面倒に感じることがあるかもしれません。哺乳瓶は、どうして消毒しなければならないのでしょうか。
【医師監修】超低出生体重児の原因と出生後の合併症、障害リスクや成長について
"超低出生体重児の合併症や障害の有無、さらに、気になる赤ちゃんの今後の成長過程について産婦人科医が解説します。超低出生体重児(ちょうていしゅっせいたいじゅうじ)とは出生体重が1,000g未満の赤ちゃんのことをいいます。日本では出生率の低下に反して、この超低出生体重児の誕生は増加傾向にあり、その要因として、女性の「やせ」が挙げられます。次に、「高齢出産の増加」と「不妊治療の普及」です。そして、以前では救えなかった命が救えるようになった「医療の進歩」があげられます。"
【医師監修】赤ちゃんがやけどしたときの応急処置と治療後の肌のケアについて
赤ちゃんがやけどをする状況と応急処置、ステロイド軟膏を使ったホームケアについて小児科医が解説します。赤ちゃんのけがで多いものの一つがやけどです。やけどをしたとき医療機関に行く前に家庭でできることがあります。やけどをしたときにはどうすればよいか、応急処置を知っておくと良いです。
【医師監修】1カ月健診までの体重の増減の目安は?出生後の赤ちゃんの体重について
生まれて間もない赤ちゃんが順調に成長しているのかどうか、その目安となる体重について小児科医が解説していきます。子どもの成長は、親にとってかけがえのない喜びで、楽しみでもあります。生後間もない赤ちゃんの発育は体重で確認ができますが、自分の赤ちゃんの成長が順調なのかどうかわからないと言う声も聞かれます。
【医師監修】赤ちゃんに靴下は必要? いつから履かせればいい?
赤ちゃんの靴下の必要性や履かせるときのポイントなどについて小児科医が解説します。ベビー用品を揃えるときに赤ちゃんの靴下は、事前に準備したほうがいいのか迷ってしまいますよね。赤ちゃんの靴下は、履かせたほうがいいのか、履かせないほうがいいのか、いつから履かせればいいのかわからない方もいると思いますのでご説明します。
【医師監修】赤ちゃんの頭にできる頭血腫(とうけっしゅ)って何?
赤ちゃんの頭血腫(とうけっしゅ)について小児科医が解説します。生後間もない赤ちゃんの頭にこぶのようなものができることがあり、不安になるママも多いのではないでしょうか? その症状は産瘤(さんりゅう)・頭血腫(とうけっしゅ)・帽状腱膜下血腫(ぼうじょうけんまくかけっしゅ)と、大きく3つに分けられます。
「生きた心地がしない…」赤ちゃんの過酷な手術は7時間にも及び… #うちの子にはしっぽがついている 21
【うちの子にはしっぽがついている 第21話】仙尾部奇形腫(せんびぶきけいしゅ)の赤ちゃんを妊娠したゆーとぴあさんは、帝王切開で赤ちゃんを出産しました。その後、ゆーとぴあさんは医師の説明を受けながら、初めて赤ちゃんのおしりを見ると、おしりは2つに割れていませんでした。その後、医師からは赤ちゃんに難しい手術が必要になったことを知らされ……。
「生まれたばかりなのに…?」わが子に過酷な手術が待ち受けていて… #うちの子にはしっぽがついている 20
【うちの子にはしっぽがついている 第20話】仙尾部奇形腫(せんびぶきけいしゅ)の赤ちゃんを妊娠したゆーとぴあさんは、帝王切開で無事赤ちゃんを出産。その後、ゆーとぴあさんは医師からの説明を受けるため、赤ちゃんがいる場所へ向かいました。医師の説明を受けながら、初めて赤ちゃんのおしりを見るとおしりが2つに割れていませんでした。それから1週間後、ゆーとぴあさんは、赤ちゃんを病院に残し、ひとりで退院。赤ちゃんのため、2、3日に一度、片道1時間かけて病院に行く生活が始まりました。
環境の変化がストレスで「吃音」に。明らかに変わってしまった長男に私は…
下の子が生まれて環境の変化があったり、引っ越しや一時保育に通うようになったりしたせいか、長男に吃音(きつおん)が出始めました。こういった変化が負担になっているのかもしれないと思い、長男の気持ちを優先し改善を目指してサポートしていった経験をお話しします。
おまたに手を当てて硬直する娘にショック!1歳で始まった行動への対応は…
私には7歳と3歳の娘がいます。次女が1歳を過ぎたころからずっと気になっている行動があります。それは、手をおまたにあてて体をピーンとさせるような行為で、気になって調べてみるとそれは自慰行為。今回はその行動についてと、私がどのように対応したのかをお話しします。
「1カ月も保育園を休む…?」退院が決まったものの今後の生活に不安が押し寄せ… # 1歳の娘と一緒に入院した話 9
【1歳の娘と一緒に入院した話 第9話】川崎病と診断された生後11カ月の娘のあ~ちゃん。二度目の免疫グロブリン療法後、ようやく回復の兆しが見られ、退院が決まりました。しかし、向こう1カ月は保育園をお休みせざるを得ないことを知り……。
「え?」何度も聞き返す息子に違和感を覚え、耳鼻科へ…。すると医師が衝撃のひと言を…!まさか息子が…?【体験談】
「えっ? 何て言ったの?」と、4歳の息子が何度も聞き返すようになりました。最初はマスクをしているせいかなと思っていたのですが、自宅でテレビを観ていても聞いてくるように。さすがに違和感を覚えて耳鼻科に連れて行きました。すると、診ていただいた医師から出てきた言葉にびっくり……! え、息子がまさか……。衝撃の連続だった体験を紹介します。
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶