インフルエンザ

どんな病気?

インフルエンザA型、B型ウィルスの飛沫・接触感染が原因でおきます。

12月から3月に流行しますが、他の季節にもみられます。

突然、高熱が出現し、咳や鼻汁、からだのだるさ等の症状がでます。

嘔吐、下痢などの症状もときにみられます。肺炎やけいれんをきたすこともあります。

 

かかったときにはどうすればいいの?

発熱に対しては解熱剤(アセトアミノフェン)で症状を和らげます。

水分摂取を心がけましょう。

綿棒で鼻水をぬぐう迅速検査を行って診断します。

ウイルスが陽性の場合、抗ウィルス剤(タミフルやリレンザ)を投与します。発症後48時間以内に使うと発熱期間が短くなる効果があります。

タミフルは1歳以上で適応があり、10歳代は異常言動・転落のリスクの報告があり差し控えを通達されています。

リレンザは5歳以上の吸入ができる小児で使用できます。

 

どうすれば予防できる?

インフルエンザの予防接種は生後6カ月から受けることができます。

12月以降に流行し始めることが多いので、年内に2回接種します。

予防接種を受けてもインフルエンザにかかることはありますが、症状を軽減するとされており、毎年接種するのが基本です。家族も接種しましょう。

 

(監修/松井 潔先生)

 

 

 

2015/08/19


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。