【医師監修】食物アレルギーとは?起こりやすい食べ物とは?

24

どんな病気?

食物アレルギーとは特定の食物を食べた時に起こるアレルギー反応です。

よくある症状は、食物を口にすることで、唇や顔面の発赤、全身のじんましん、のどのかゆみ、呼吸症状「ゼーゼーする」などがでます。

重症の場合、血圧低下や脈が速くなるといったアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

 

アナフィラキシーショックとは

アナフィラキシーとは特定の物質によって起こる重度のアレルギー反応を言います。

食物以外にも薬やハチ毒などでおきます。

アナフィラキシーの結果、血圧低下、呼吸困難、意識障害等のショック症状に進行することもあります。

点滴や薬物治療が必要なので緊急受診が必要です。

 

起こりやすい食物とは

乳幼児の食物アレルギーの原因となる主な食べ物は、卵、乳製品、小麦の3つ。

赤ちゃんの食物アレルギーは成長して消化管が成熟すると、原因食物を食べられるようになることも多いといわれています。

1歳のときに食物アレルギーと診断された子どものうち、9割が小学校入学までには食べられるようになると言われています。

その他、エビ、カニ、いか、たこ、そば、ピーナッツなどはアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるので離乳食時期は避けましょう。

 

もし食物アレルギーになったらどうする?

原因となる食物の特定をします。アレルギーの専門の先生と相談するのがよいと思います。

検査や除去食は必ず医師の判断のもとで行いましょう。

自己判断による除去は、赤ちゃんの成長を妨げる可能性があります。

 

初めての食物を食べる時は

初めて食べる食材は1日1つ、スプーン1さじにすること。

これは食物アレルギーに限らず、離乳食全体の約束です。

1さじ食べてみて1時間以内に皮膚に湿疹や赤み、呼吸が苦しそう、腹痛、下痢や嘔吐などの症状が出ないか確認しましょう。

 

(監修/松井 潔先生)

 

 

 

 

監修者

医師 松井 潔 先生

小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長


愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医


経歴

1986年 愛媛大学医学部卒業

1986-1988年 神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント

1988-1990年 同神経内科非常勤

1990-1992年 国立精神・神経センター小児神経科レジデント

1992-2005年 神奈川県立こども医療センター新生児科 医長

2005年− 同総合診療科 部長


2019/06/04


この記事にいいね!しよう

いいね!
24

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。