腸重積

この記事の監修者

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。

どんな病気?

腸の中に腸がはまり込んでしまう病気でこのために腸閉塞を起こします。

腹痛、腹部の腫瘤、血便が特徴ですが、3つの症状がそろっていないこともあります。

腹痛は間欠的で、急に痛がって泣いて、その後機嫌を取り戻したりすることを繰り返します。

緊急で治療が必要な病気です。

1歳未満が約6割、男児に多いとされています。

 

診断と治療はどうしますか?

症状と超音波検査が有用です。

浣腸を行ってイチゴジャム様の血便がでればまず間違いありません。

症状がでてからできるだけ早く治療をします。

空気や造影剤などを使って重なった腸を押し出します。24時間以上たつと手術が必要になることがあります。脱水の治療も必要です。

まれに再発することがあり、そのときは原因を調べる必要があります。

 

(監修/松井 潔先生)

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る