乳幼児健康診査(乳幼児健診)の目的とは?健診内容や費用、受ける時期について

24

新生児聴覚スクリーニング

 

赤ちゃんが生まれて、乳幼児健康診査(※以下乳幼児健診)を知ったという人も多いのではないでしょうか。乳幼児健診は、赤ちゃんの成長に合わせ、いくつかのタイミングでおこなわれます。今回は、乳幼児健診の目的や受診のタイミング、内容や費用についてお話しします。

 

 

 

乳幼児健診とは

乳幼児健診は、身長や体重を測るだけの健康診断や病気の診察とは違い、子どもが健康に成長・発達しているかを確認するためにおこなうものです。
 
<乳幼児健診の目的>
・子どもの発育や発達の状態を明らかにして、子どもに合った健康管理や保健指導をおこなう
・見過ごされがちな疾患や障害を早期に発見する
・発見された疾患や障害に対して、早期治療や療育のサポートをおこなう
・行動発達における問題の早期発見と予防をおこなう
 
乳幼児健診には、上記の4つのことをベースに子どもの健康を見守り、支援するという目的があります。しかし、支援は当事者である子どもだけでなく、家族を含めた子育てに必要な支援をおこなうという目的もあります。


育児をするうえでさまざまな不安や悩みなどを抱く親に対して、医師や保健師、栄養士といった専門家が相談にのり、状況に応じた支援を紹介してサポートしたり、子どもに合ったアドバイスをしたりする役割も担っています。
 

 

 

↑目次に戻る

 

 

乳幼児健診のタイミングと受診場所

一般的には
 
・「生後1カ月児」
・「生後3~4カ月児」
・「生後6~11カ月児」
・「1歳6カ月児」
・「3歳児」
 
を対象として行われるケースが多いです。ただ、地域によっておこなわれている月齢は異なりますので、住んでいる市町村の保健センターのホームページなどで確認してみると良いと思います。
 
●乳幼児健診の受診場所について
乳幼児健診は、任意健診の「個別健診」と定期健診の「集団健診」があります。
 
【任意健診】
「生後1カ月児」「生後3~4カ月児」「生後6~10カ月児」が任意健診の対象です。いずれも母子保護法で義務化されていない健診のため、任意とされています。
個別健診であるケースがほとんどで、自治体が指定している医療機関で受けることができます。各自、医療機関に問い合わせて予約を取ってから受診するのが一般的です。
 
【定期健診の対象】
定期健診の対象は、「1歳6カ月児」と「3歳児」です。母子保健法第12条で満1歳6カ月以上満2歳未満と満3歳以上満4歳未満の幼児を対象とした健診が義務化されているためです。


定期健診は集団健診のため、決められた日に自治体が指定する保健福祉センターや公民館などの施設で行われます。
義務化されていることから、決められた日程の都合が悪い場合、ほかの日程で受けられます。案内の日程の都合が悪い場合は、管轄の行政機関に問い合わせるようにしましょう。

 

 

 

↑目次に戻る

2017/11/17

この記事にいいね!しよう

いいね!
24

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。