赤ちゃんのおくるみとは?おくるみの種類や巻き方

23

 

おくるみはただの布なの? いえいえそんなことはありません。たくさんのお母さんの知恵が詰まった布、それがおくるみです。

どのように使うとよいのか、選び方のポイントも含めてお伝えします。

 

 

おくるみとは

赤ちゃんが産院にいる間は、タオルケットで包まれていることが多いのではないでしょうか。

なぜ包まれているかというと、赤ちゃんがお腹の中にいた環境と似せてあげると、安心できるということと、小さな物音でもビクッとなるモロー反射により起きてしまわないようにするためです。

このように、赤ちゃんを優しく包む布をおくるみといいます。アフガンやスワドルなどと呼ばれることもあります。

 

おくるみは新生児の頃から、首がすわる3〜4カ月頃まで使用することが多いようです。

シンプルな形状のものはその後もブランケットとして使え汎用性が高いですが、おくるみ専用のタイプのものも利点があるので、それぞれのメリットに応じて選びましょう。

 

 

 

おくるみの種類、季節や素材でおすすめのもの

おくるみを使うと赤ちゃんを寝かしつけやすかったり、抱っこがしやすかったりという利点もあります。

 

形や素材はさまざまあり、シンプルな正方形や長方形のもの、星型になっていて腕や足を固定できる専用のものなどがおくるみとして売られています。赤ちゃんの肌に優しい天然素材のものがほとんどで、刺激が少なく清潔を保つため洗いやすいものがおすすめです。

 

また、生まれた季節に合わせてぴったりの素材を選んであげましょう。

上着がいらない季節に生まれた赤ちゃんなら、ガーゼ素材やモスリンなど、薄手の素材のおくるみがぴったりです。

新陳代謝が活発で汗もいっぱいかくので、洗い替えがあってもよいでしょう。冷房がきついときや、日差しから守る際にも使用できるので、夏場でも一枚持ち歩くと便利です。

大判なら授乳ケープ代わりにもなりますし、おくるみを卒業したらシーツがわりにもつかえそうです。

肌馴染みのよいコットン素材のおくるみは、さまざまなシーンで赤ちゃんとお母さんの役に立ってくれることでしょう。

 

肌寒くなってくると、大人も羽織りものなど恋しくなりますが、赤ちゃんも同じです。

大人ならセーターやフリースが欲しくなる時期であれば、赤ちゃんにも同様に暖かくなる素材のおくるみを用意してあげるといいです。

または、おくるみはベーシックなコットン素材のものにして、上から毛布やお布団をかけてもよいでしょう。

足が分かれているものや、しっかり巻いた後に固定できるものだと、空気の層ができ暖かく赤ちゃんを守ってくれます。

ウールやフリースのブランケットもおすすめですが、毛足が短く肌触りがよいものを選びましょう。抱っこの場合や、ベビーカーの場合と使用シーンを想定して選びましょう。

 

 

 

赤ちゃんをしっかりと包む基本の巻き方

赤ちゃんをおくるみで包む基本の方法です。

 

1.まずひし形におくるみを広げましょう。頭の部分を三角に折り、そこに赤ちゃんの肩がくるように寝かせてあげましょう。

おくるみの巻き方 手順1

2.赤ちゃんの右腕を脇につけ、向かって左側の布を右側へ。このとき赤ちゃんの左腕は布の上に出します。

おくるみの巻き方 手順2

3.足元の余った布でふんわり足を包みます。このとき赤ちゃんの左腕を固定しながら包み込みます。

おくるみの巻き方 手順3

4.最後に向かって右側の布を反対の体の下へ巻き込んであげます。

おくるみの巻き方 手順4

5.完成。赤ちゃんは腕が固定されて、安心して眠ることができるでしょう。

下半身をあまりぎゅっとしてしまうと、脱臼の原因になりますので、注意してください。

おくるみの巻き方 手順5

 

 

 

愛がいっぱいハンドメイドおくるみ

おくるみは赤ちゃんといつも一緒。ライナスの毛布的な存在でもあります。

単純な形ですし、ママが手作りしてあげるアイテムとしてもおすすめです。

ガーゼとタオル生地を合わせて周囲をバイアステープでかがるだけのものから、ちいさな布を縫いつないで作るキルティングでに仕上げるものなど、作り方はさまざまです。

 

ふんわりと肌触りがよい生地を選んであげましょう。多くの方は妊娠中に作ることになります。キットを使うとあちこち材料を買い求めに出歩く手間が省けて楽チンです。

時間をかけてチクチク縫い上げた一枚は、ママにとっても、赤ちゃんにとっても、宝物になるでしょう。

 

 

 

まとめ

育児はそれぞれ違うもの。しっかり寝てくれる子もいれば、細切れに寝て抱っこが大好きな子もいるでしょう。

おくるみは、赤ちゃんが安心して過ごせママにとっても負担を減らしてくれるアイテムです。なによりぎゅっとおくるみに包まれて眠る姿はたまりません。赤ちゃんがすくすく育つように、願わずにはいられません。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

 

 

 

◆生後0~1か月に関するQ&A

 

 

◆産後のサポートの体験談

助産師さんから『アレルギーが怖いのであまり早く始めず5ヶ月過ぎて6ヶ月ぐらいから始めるといい』と聞いていたので、よだれも多いし食べ物に興味がでてきた5ヶ月と12日から10倍がゆを始めました。2週目からにんじんやじゃがいも、ほうれん草などを1さじからはじめて3週目には豆腐や、白身魚をはじめました。わりと好き嫌いなく食べてくれました。スプーンにも慣れ離乳食はじめて1ヶ月たった頃から2回食にしました。最近はベビーフードなどにも頼りいろんなものを食べさせてます。今のところアレルギーないようで安心してます。

たいがママ さん

うちはアレルギー家系で、花粉症や食べ物アレルギー、薬アレルギーなど様々あるので、離乳食開始は七ヶ月ごろまで粘りました。下の子は、上の子が食べているのをみるとすごく羨ましそうな顔をするので、上の子よりは早めでしたが、聞いた話によると実は下の子になるにつれアレルギー危険度は増していくらしいですね。 三歳になると腸壁がしっかりしてくるので、生ものや家族にアレルギーのある食べ物については三歳までは控えていました。離乳食の食欲については、うちは上の子の時はお気に入りのぬいぐるみを隣において競争させるように食欲を煽っていましたが、下の子は上の子がいい競争相手になって、モリモリ食べてくれています。むしろ、早食い、大食いにならないように気をつけなければ!

ぽぽ さん

離乳食は1回食からはじまり、少しずつ色々な食材を食べさせていきました。最初は10倍がゆから始めました。1週間慣れたところで、野菜を少しずつ始めていき、果物も食べさせていきました。食べてくれるととても嬉しいもので明日は何を作ろうかなと考えるのが楽しかったです。だんだん食べる量も増えていきました。口周りや洋服が汚れてしまうので、その後始末がいつも大変でした。

そばかす さん

料理があまり得意でない私は、離乳食が始まって、手作りの1回食、2回食・・・のあたりでもう限界。3回食になった時点で、3回のうち1回は市販のベビーフードを使おう!と決めたとたん、フッと気持ちが楽になりました。その1食の中で、自分では作りにくい食材(レバーなど)も取れるし、品目も多く取れるので、気分的にもとても助かりました。手を抜いて、その分、ゆっくりと子どもと向き合う時間が取れたと思います。

あっちママ さん

 

その他の産後のサポートの体験談

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2017/06/28


この記事にいいね!しよう

いいね!
23

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。