発育曲線をずっと下回っています

16
育児のQ&A

発育曲線をずっと下回っています

生後8カ月の娘が発育曲線をずっと下回っているのが、気がかりでなりません。
出生体重は2,702gで、生後1カ月で3,726g、生後4カ月で5,266g、生後6カ月で6,255g、生後8カ月で6,350g・65cmという発育状況です。
哺乳瓶の乳首が苦手で、完全母乳です。離乳食は2回食で、1回の量は子ども茶碗半分から3分の2程度です。授乳は昼間3時間おきで、夜間1回です。
生後3カ月ごろから手足をバタバタさせて運動し、生後6カ月で寝返り、生後7カ月でずりばい、生後8カ月でつかまり立ちをしています。常に動き回ってとても元気ですし、1人で機嫌よく遊びます。
4カ月健診までに体重の増え方が悪かったので、病院で精密検査してもらった方がよかったのかな、と今になって後悔しています。思い返せば生後3カ月ごろに、機嫌はいいのに下痢気味のうんちが3週間ほど続いていました。小児科を受診しましたが、整腸剤のような薬を処方されただけでした。
その後は曲線に沿うように地道に少しずつ増えていますが、発育不良のまま成長するのではないかと気がかりでなりません。母乳の栄養不足が原因でしょうか? 娘の運動量が多いからでしょうか? なにかの病気の可能性があるのでしょうか?

 

体重、身長の数字を見ますと、生後1カ月では出生時から1kg増加し、体重増加が順調でしたね。生後4カ月以降を「乳児身体発育パーセンタイル曲線」(母子手帳などに記載されています)で見ますと、体重が3パーセンタイル曲線に絡み合うように増加し、身長が3パーセンタイル曲線より上、といった発育状況です。これから先の身体発育は、体重増加もさることながら身長の伸びにも着目し、定期的に健診を受けてください。ご質問の文章からは、現時点で何かの病気があるとは考えられません。
運動発達に関しては、生後8カ月でのつかまり立ちは早い方です。常に動き回っていると摂取したエネルギーが活動に使われるため、体重の増加になかなか結びつかないものです。
食事量は個人差がありますし、主な栄養源はすでに母乳から離乳食に移行しています。生後9カ月になったら3回食に進めてください。現在生後8カ月でしたら、生後10カ月、生後12カ月で発育・発達を診ていただき、体重の増加、身長の伸びを確認しましょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。