【助産師監修】帝王切開の費用はどのくらい? 医療保険や高額医療費制度の利用について

19

 

出産を控えた妊婦さんやそのご家族にとって、気になることの1つに出産にかかる費用があるのではないでしょうか。帝王切開と自然分娩では、どのような違いがあるのか、どのくらいの費用がかかるのか、その内訳を解説します。

 

 

自然分娩と帝王切開での費用の違い

自然分娩は麻酔や陣痛促進剤などを使用せずにおこなう出産方法です。基本的に健康保険は適用されず、自費診療扱いです。入院期間は4〜7日間で、費用は40万~60万円が相場と言われています。

 

一方、帝王切開とは、分娩時に何らかの理由で自然分娩が困難であると判断された場合に、麻酔をかけて子宮を切開し、胎児を取り出す分娩の方法です。

 

帝王切開は、前回の出産が帝王切開だった場合、胎位異常(逆子など)、前置胎盤(胎盤が子宮の入り口の部分にある場合)、児頭骨盤不均衡(赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤より大きい場合)、多胎妊娠、高齢出産、感染症など予定帝王切開になるケースと、分娩の停止、赤ちゃんが元気ではなくなった場合など緊急帝王切開になるケースがあります。

 

予定帝王切開の場合、医療行為に当たるため保険適応となります。予定帝王切開の費用は、平成30年度の診療点数算定表では20,1400円で、その3割分が自己負担となります。しかし、緊急帝王切開や予定帝王切開でも多胎やその他のリスクを伴う場合は、金額が加算されます。帝王切開での出産となれば入院日数も7〜10日前後と、自然分娩よりも長くなりますので、その分室料が追加されて出産費用が膨らみます。入院中の差額ベッド代や食事など、そのほかの自由診療分は保険が効きません。

 

健康保険に加入していると、出産育児一時金として子ども一人あたり42万円(産科医療補償制度に加入していない施設では、40万4,000円)が支給されるため、これを差し引いた額が実際の自己負担額となります。出産育児一時金は、直接医療機関に振り込んでもらい、差額を支払う方法、もしくは、直接ご自分の銀行口座に振り込んでもらう方法の2つの方法があります。

 

 

 

高額医療費制度について

高額医療費制度は、同一月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合に、自己負担限度額を超えた医療費があとで払い戻される制度です。同じ月にかかった医療費は同一世帯内で合算できます。自己負担限度額は、年齢および所得状況等により設定されています。

 

払い戻しは、医療機関等から提出される診療報酬明細書(レセプト)の審査を経ておこないますので、払い戻しまで時間を要します。そのため、医療費の支払いに充てる資金として、高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で貸付する「高額医療費貸付制度」という制度もあります。

 

また産前産後の休暇中の方は正社員、派遣やパートに関わらず、健康保険を払い続けている場合には出産手当金も支給されます。ただし、健康保険の扶養になっている場合や国民健康保険に加入している場合は、対象になりません。産休中の給料が3分の2以上支給されている方は、出産手当金は支給されませんので、注意しましょう。

 

 

 

帝王切開は医療保険の対象になる?

帝王切開の場合には、医療保険に加入していると給付金が支給されます。医療保険は病気やケガ、手術に対して加入している方が申請することにより、個人の加入した保険の種類によって金額が異なりますが、約10万円の支給となるのが一般的なようです。生命保険に特約としてつけることも可能です。医療保険の給付金のおかげで、出産の費用が黒字になったという人もいます。

 

しかし、妊娠してから医療保険に入ることはできないこと多いので、前もって加入しておくことが必要です。掛け捨てタイプの医療保険なら月額も安く大きな負担にもならないものもあります。

 

しかし、帝王切開の経験があるとそれ以降の出産は、帝王切開になることがほとんどでで、一般的には2回目の給付金は受け取れないことが多いようです。理由として、一定期間(5年など)以内は同一部位に対する給付金の支給はおこなわれない、加入後一定期間経たないと給付金の申請ができない、既往歴により加入を制限される場合があるなど、さまざまなものがあります。

 

 

 

まとめ

帝王切開での出産は施設によっても異なりますが、多くの費用が必要です。近年は産婦人科医の不足により出産可能な施設もどんどん数が少なくなり、出産にかかる費用を比べて産院を選ぶということも難しくなっています。

 

しかし、一度に多くの費用を支払うのは大変な方もいることでしょう。事前に調べておて、手続きをおこなっておけば退院時に支払う費用も抑えることが可能です。妊娠する前に、お金に関する知識も備えておくと心強いですね。
 

 

 

 

【関連記事】

【帝王切開って痛い? 傷は残る?】 私の帝王切開エピソード

狭骨盤での帝王切開の後のお産はどうなる?

帝王切開がまるわかり! 【番外編】経腟分娩と帝王切開どっちが楽?

帝王切開でも給付金が出ない? 医療保険加入に注意!

逆子(骨盤位)の原因とは? 治せる? 原因・逆子体操・逆子の分娩法について

帝王切開がまるわかり!【1】帝王切開って何? どんなケースでなる?

帝王切開がまるわかり!【2】日にち決定から入院、手術までの流れって?

帝王切開がまるわかり!【3】手術開始! 赤ちゃん誕生までの流れって?

帝王切開がまるわかり!【4】帝王切開で赤ちゃん誕生後の流れって?

帝王切開がまるわかり!【5】帝王切開の術後から退院までの流れって?

帝王切開がまるわかり!【6】どんなときに緊急帝王切開になるの?

あなたはどうする? 希望の分娩方法とその費用

 

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー

 

 

 

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。


2019/09/12

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
19

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。